パッションお問合せ

0120-917-484

受付時間:10:00~18:30(水・木曜日定休)

来店予約
お問合せ

【2024年6月】軽自動車人気ランキング

2024.7.11  スタッフブログ 

皆さん、こんにちは!

愛知県名古屋市と春日井市と豊田市にある

軽自動車の未使用車専門店パッションです。

パッションで人気ランキングを紹介です

今回は2024年6月最新情報になります!!

パッションのWEB在庫数情報も紹介していきます!!

最後に新店の情報もお伝えします!!!!

【2024年6月】軽自動車人気ランキング

第5位 スズキ ワゴンR

スズキ ワゴンRは、広い室内空間使い勝手の良さで人気を集めております

  • 広い室内空間

ワゴンRは、軽自動車とは思えないほど広い室内空間を誇ります。頭上空間も広く、大人4人がゆったりと乗車できます。

  • 使い勝手の良いシートアレンジ

ワゴンRは、シートアレンジが非常に自由です。リアシートを倒せば、荷物をたくさん積むことができます。

  • 燃費性能

ワゴンRは、燃費性能も良好です。最新のモデルでは、WLTCモード燃費で24.4km/Lを実現しています。

  • 充実した安全装備

ワゴンRは、衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能などの安全装備が充実しています。安全運転をサポートしてくれるので、安心して運転できます。

使い勝手を重視する人におすすめな1台です

在庫は一覧はこちら

第4位 ホンダ NBOX

ホンダ N-BOXは、圧倒的な室内空間使い勝手の良さ、そしてスタイリッシュなデザインで人気を集めております。

  • 圧倒的な室内空間

NBOXは、軽自動車とは思えないほど広い室内空間を誇ります。頭上空間や足元空間が広く、大人4人がゆったりと乗車できます。特に、後部座席の広さは特筆もので、足を伸ばしてリラックスできる空間となっています。

  • 使い勝手の良いシートアレンジ

NBOXは、リアシートをスライドやリクライニングさせることができるなど、使い勝手の良いシートアレンジが可能です。荷物の量や乗車人数に合わせて、室内空間を自由にアレンジできます。

  • スタイリッシュなデザイン

NBOXは、角張ったデザインメッキパーツが特徴的なスタイリッシュな外観です。軽自動車とは思えない存在感があり、街中でも注目を集めること間違いなしです。

  • ホンダセンシング標準装備

NBOXは、ホンダセンシング標準装備になっています。衝突軽減はもちろん、高速道路の運転支援で長距離運転もアシストしてくれます。

広々と車内を使用したい方、長距離ドライブを良くされる方におすすめの1台です

在庫一覧はこちら

第3位 ダイハツ タフト

個性的なデザインと充実した機能で、アウトドアやレジャーに最適な軽SUV

ダイハツ タフトは、2020年に発売された軽自動車SUVです。タフで頼もしいイメージを表現した「TAFT」を車名に冠し、角張ったデザインと高い最低地上高で、SUVらしい力強さを表現しています。

  • 個性的なデザイン

ライバル車とは一線を画す、角張ったデザインが特徴です。好みが分かれるところもありますが、タフさを求める人にはたまらないでしょう。

  • 充実した機能

軽自動車とは思えないほど、充実した機能が搭載されています。アダプティブクルーズコントロールや衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備はもちろん、スマートフォン連携やUSBポートなどの快適装備も充実しています。(※グレードや選択したオプションよって異なります。)

  • 広い室内空間

室内空間は広く、大人4人がゆったりと座ることができます。荷室も広めで、アウトドアやレジャーでの使用にも最適です。

    タフトは、前回から大きくランクアップして第3位となりました!

    個性的なデザインだけではなく充実した機能を兼ね揃えた、軽自動車SUVです。アウトドアやレジャー好きで個性的な車が欲しい人におすすめです♪

    在庫一覧はこちら

    第2位 スズキ ハスラー

      スズキハスラーは、個性的なデザイン使い勝手の良さで人気を集めております。

      • 個性的なデザイン

      ハスラーは、他の軽自動車とは一線を画す存在感があり、街中でも注目を集めること間違いなしです。

      • 使い勝手の良いシートアレンジ

      ハスラーは、リアシートをスライドやリクライニングさせることができるなど、使い勝手の良いシートアレンジが可能です。荷物の量や乗車人数に合わせて、室内空間を自由にアレンジできます。

      • 豊富な収納スペース

      ハスラーは、インパネボックスやドアポケットなど、車内に収納スペースが豊富に設けられています。小物を整理整頓しやすく、快適に過ごすことができます。

      • 燃費性能

      ハスラーは、マイルドハイブリッド搭載車で30.4km/L。燃費も良く財布にも優しくなっています。

      ハスラーの形が好きな人にはおすすめの1台です。

      アウトドアにも向いているためこれからキャンプなど始める人にもおすすめとなっています。

      在庫一覧はこちら

      第1位 スズキ スペーシア

      スズキスペーシアは新型車になって大人気。まだまだ旧型も人気になっています。

      • 豊富な収納スペース

      インパネボックスやドアポケットなど、車内に収納スペースが豊富に設けられています。小物を整理整頓しやすく、快適に過ごすことができます。

      • 使い勝手の良いシートアレンジ

      スペーシアは、リアシートをスライドやリクライニングさせることができるなど、使い勝手の良いシートアレンジが可能です。荷物の量や乗車人数に合わせて、室内空間を自由にアレンジできます。

      • 軽ハイトワゴンNo.1※の低燃費

      スペーシアは、軽ハイトワゴンNo.1※の低燃費を実現。WLTCモードで25.1km/L、ガソリン代を節約したい人におすすめです。

      • 最新の安全機能

      スズキ最新の安全機能が搭載。車両や歩行者の感知だけではなく自転車や自動二輪車も検知対応しました。前方・後方誤発進抑制機能もついています。

      子育てで車を必要とする方におすすめの1台です

      在庫は一覧はこちら

      ※軽ハイトワゴン=全高1,700mm以上のハイト型2BOX軽自動車

      軽自動車最新ランキングになります。

      夏に近づいてアウトドアなど趣味にあった車を選ぶ人が増えてきました。

      そのため上位には趣味にあう車がランクインしています♪

      軽自動車を選ぶ際は必要な機能や使用用途をしっかり決める事が大切です。

      パッションでは国内オールメーカー取り扱いしていますので

      人気車種すべてを同時に見比べることも可能です!!

      その他にもキャンプなどアウトドアをする方に大人気なのは

      ジムニーなどもおすすめ!!

      他の車両とはひと味違う遊べる車両となっています♪

      パッションWEB掲載在庫数情報

      パッションはグループ在庫数2,000台以上を誇り国内オールメーカーの軽自動車・普通車を取り扱いしています

      その中で現在のWEB掲載情報をお伝えします♪

      現在の車種別掲載台数トップは?

      パッションで車種別掲載台数のランキングを見てみましょう

      第4位 日産 デイズ

      デイズは軽自動車でMサイズに該当します♪

      Mサイズは軽自動車の中だと中間のサイズに当てはまります!

      スライドドアに比べると車高は低いがミライースやアルトに比べると車高が高い車になります

      1人で乗るにも便利に加えて人を乗せて乗るにも狭さを感じない車となっています

      スライドドアなどの機能がない車両が多いため費用も抑えることができるメリットもあります

      デイズは安全装置が標準でついているため人気の車両となっています!

      支払い総額も126.9万円~となっています

      パッションの在庫としてはXグレードが多くあり人気の車両もXグレードとなっています


      第4位 日産 ルークス

      同じく4位にランクインしたのが日産ルークス!

      デイズとは異なり軽自動車でLサイズに該当します

      Lサイズは軽自動車では一番車高が高く室内空間が広い車両となっています♪

      Lサイズに該当する車両のほとんどはスライドドアがついていることが特徴です!

      子育てにはもちろん介護など人を送迎する車両にも最適となっています!

      室内空間が広いため快適なドライブや荷物を多く積むことも可能となっています

      ルークスが人気な理由は安全装置の充実と車内のスマートなデザインになっています

      グレードによって異なるがバックカメラやアラウンドビューが標準となっている

      カメラがついていることで購入時のオプション代を抑える事ができる!!

      Xグレードについてはエアコン設定がタッチパネルになっているためおしゃれな内装となっています

      支払い総額では135万円~となっています!

      おすすめのグレードは快適装備がついているXグレードとなっています♪

      第3位 ダイハツ タント

      タントは軽自動車のLサイズに該当します!

      他の車種にはない機能としてミラクルオープンドアが人気となっています♪

      左のスライドドアと助手席のドアを開けた際に柱(ピラー)がないのが特徴となっています!

      メリットとしては広々した開口になるため荷物の出し入れはもちろん、人の乗り降りなど楽に行うことができます!!

      柱が無い分安全性は?と疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが安全基準についても扉にしっかり強度が強い素材を使用して日本の厳しい基準をクリアしています!!

      その他にも運転席ロングスライドといった後席への利便性を考えたオプションもございます!

      後席の利便性を充実されたい方にはおすすめです♪

      支払総額131.9万円からになっています♪

      快適性の高いXグレードが在庫としては多くございます!!

      第2位 スズキ ハスラー

      パッション人気ランキング1位のハスラーが2位にランクインしました!

      ハスラーは軽自動車のMサイズに該当します♪

      人気の理由は見た目!!

      おしゃれに個性ある見た目となっています!

      カラーバリエーションも多くあり希望にあった車両を選ぶことできます!!!

      アウトドアなどの趣味に使用するのもよし!

      普段の通勤車として使用するのもよし!

      スズキの車両は多くがシートヒーターが標準装備になっているため見た目だけではなく快適装備も充実となっています!!

      パッションではマイナーチェンジ前の在庫も多数あるため貴重なカラーに出会えることもあるかもしれません!!

      支払総額129.9万円~となっています

      パッションでは新車では取り扱いできないJスタイルⅡもまだまだ未使用車で在庫ありますので欲しい方はぜひ早めのご検討よろしくお願いします♪

      第1位 スズキ ワゴンR

      掲載台数トップはスズキ ワゴンRになりました!

      軽自動車では長年人気シリーズとなっています!

      マイナーチェンジ・フルモデルチェンジを繰り返しながら常に軽自動車で上位の販売台数を誇っています!

      軽自動車のサイズではMサイズに該当します♪

      誰からも愛されるデザインとなっているため日常使いはもちろん、社用車などビジネスでも大活躍しています♪

      ベンチシートを採用することで運転席助手席は広く移動も楽々となっています!

      ハスラーなどに比べるとカラーバリエーションは少ないがシンプルなデザインには最適なカラーが用意されています♪

      安全装備もしっかりついているため人気となっています!

      支払総額119.9万円~となっています

      僅差でランキング外となってしまいましたがNBOXやムーヴキャンバスなどスライドドアで人気の車両や軽SUVで人気のタフトも僅差でランク外となっています♪

      現在ホームページには載せきれていない車両も多数ございます!!

      ぜひ検索してご希望が見つからんかった際も一度スタッフまでお尋ねください!!

      パッション新店情報

      いよいよ7月13日の岐阜県土岐市にグランドオープン♪

      グランドオープンのCMも放映中です!

      皆さん見ていただけましたか?

      パッション土岐店は場所は

      19号線沿い
      あの超でかいショッピングモール【イオンモール土岐】のすぐ近く
      大きな看板が目印です!

      すごい広い展示場に300台以上の車が並んでいます。
      軽自動車も普通車も中古車もたくさん取り揃えています。

      自動車保険はもちろん、コーティング・車検や整備ができる自社工場もあり、
      皆さんのクルマライフをトータルでサポートさせて頂います。※車検工場のオープンは10月予定です。
      お車の事はなんでもパッションにご相談ください。

      グランドオープンでは特別イベントも開催決定♪

      来場特典や成約特典など多数ご用意しています♪

      目玉車も多数ご用意!!!!!

      もちろん軽自動車だけではなく普通車もご用意しています♪

      欲しかった車両が見つかるチャンスです♪

      未使用車や中古車だけではなく新車も取り扱い可能!!

      全国からお探しさせていただきますのでなんでも相談ください。

      ぜひ皆様のご来店お待ちしております

      ※7/13~7/15にはパッション土岐店は大変混み合うことが予想されます

      待ち時間が長く発生する可能性がございますので予めご了承ください

      軽未使用車パッション 春日井店

      〒486-0968 愛知県春日井市味美町2-124-1

      TEL:0568-34-8486

      軽未使用車パッション 南大高店

      〒459-8013 愛知県名古屋市緑区高根山2-202

      TEL:052-622-8486

      軽自動車パッション 豊田店

      〒471-0849 愛知県豊田市美山町3-34-33

      TEL:0565-41-8445

      未使用車総合店パッション 土岐店

      〒471-0849 愛知県豊田市美山町3-34-33

      TEL:0572-56-8486(2024年7月13日開通)

      HP:https://kei-passion.com

      営業時間:10時~18時30分

      定休日:水曜日・木曜日

      未使用車とは

      自動車の分類では「新車」「中古車」この2種類しかありません。

      軽自動車メーカーが登録だけした走行距離が100キロ以内・登録期間が数ヵ月以内の中古車の事を

      「届出済未使用車」と呼んでいます。以前は「新古車」とも呼ばれていました

      土岐市の皆さんはじめまして

      2024.7.7  スタッフブログ 

      皆さん、こんにちは!
      愛知県名古屋市と春日井市と豊田市にある
      軽自動車の未使用車専門店パッションです。

      7月になりました。夏ですね~。
      7月と言えば…海?キャンプ?いえいえ違います

      7月と言えばパッションの新店がオープンします!

      2024年7月13日(土)
      岐阜県土岐市に
      パッション土岐店
      グラントオープン!!!

      現在パッションは3店舗ありますが
      全て愛知県内、春日井市、名古屋市緑区、豊田市。
      今回ついに岐阜県に初上陸します

      今回のブログは、いつもと趣向を変えて
      パッション土岐店の紹介・オープニングセールの魅力と
      お店周辺のオススメスポットを
      紹介させていいただきます。よろしくお願いいたします。

      まずは、パッション土岐店の場所は…
      岐阜県土岐市土岐津町土岐口2308

      19号線沿い
      あの超でかいショッピングモール【イオンモール土岐】のすく近く
      大きな看板が目印です!

      すごい広い展示場に300台以上の車が並んでいます。
      軽自動車も普通車も中古車もたくさん取り揃えています。

      自動車保険はもちろん、コーティング・車検や整備ができる自社工場もあり、
      皆さんのクルマライフをトータルでサポートさせて頂います。※車検工場のオープンは10月予定です。
      お車の事はなんでもパッションにご相談ください。

      パッションは、届出済未使用車の専門店です
      国内オールメーカー取扱いで、豊富なメーカー・車種から
      お客様のご要望に適った1台をご提供します。

      グランドオープンセールのご案内

      7月13日(土)からのグランドオープンセールでは超ミラクルお買い得なお車を
      100台以上ご用意して、皆様のご来店をお待ちしております。

      オススメのお車

      ミライース・アルト・ワゴンRなどが支払総額100万円以内で登場するかも!
      また人気のハスラーやタフト・デリカミニもラインナップ予定です。

      オープンセールの特典

      またグランドオープンセールならではの特典もご用意してしております。

      ご来店でBOXティッシュ5箱プレゼント!
      お店に来ていただければプレゼントします!!!(一組様につき1セット)
      お車のご購入の予定がなくても大丈夫、お店に寄って頂けたこと、パッションを知っていただけたことに感謝なので、心ばかりのプレゼントです。あと来場のアンケートにご協力頂けるとうれしいです。

      ご予約&商談でマックカードプレゼント!
      ホームページまたは、チラシのQRコードから来店のご予約をしていただき、さらにご商談をして頂くと
      なんと3,000分のマックカードをプレゼントしちゃいマック。
      来店のご予約を頂いた方に引換券をメールでお送りしますので、ご商談の最初にスタッフに見せてください。その場で、マックカードをお渡しします。

      3,000円分あれば、ビックマックが6個も食べれちゃいますよ~!

      ご成約で人気装備を含む用品を最大12点プレゼント!
      ①スマホ連動ができるディスプレイオーディオ…MAP機能はありませんが、スマホと接続して地図アプリが表示できます。
      ②ETC…高速道路も楽々お支払い。
      ③ドライブレコーダー…今やドライブの必需品ですよね。
      ④バックカメラ…駐車が苦手なあなたの強い味方です。
      ⑤LEDヘッドライト…明るさが違います、夜道も安心安全ドライブを。
      ⑥ヘッドライトコート…いつでもピカピカでクリアなライトに。
      ⑦キーパー洗車セット…洗車が楽しくなるかも。
      ⑧ナンバーフレーム…フレームがあるだけでちょっとカッコイイですよね。
      ⑨緊急工具セット…いろいろ使えて便利。
      ⑩災害時窓破壊ハンマー…使わなくて済むことが一番ですが、備えあれば憂いなし。
      ⑪ブースターケーブル…自分のクルマだけでなく、誰かを助けることもできるかも。
      ⑫三角停止板…安全第一。
      普段使うものから緊急時のものまであると便利なアイテムが勢ぞろい。
      ※適用には条件がございます。取付工賃は別途必要です。詳しくは店舗にてスタッフにご確認ください。

      ご成約でガラガラ大抽選会!
      ご成約頂いた方限定ですが超豪華景品が当たるガラガラができますよ~。
      50インチのテレビ・バリュミューダのホットプレート・ダイソンの空気清浄機が当たるかも!

      ハズレはありませんので気合を込めてガラガラしてくださいね。

      オープンならではのスーパーセールになりますので
      ご近所様・ご家族そろってご来店ください。
      土岐店のスタッフ一同、お客様のご来店を心よりお待ちしております。

      ではここからは、岐阜県土岐市をとパッション土岐店周辺のオススメスポットを紹介していきます。

      土岐市の方はご存知の情報だとは思いますが…

      岐阜県土岐市について

      岐阜県土岐市は、名古屋市の西約60km、岐阜市の南約30kmに位置する市です。
      人口約約55,200人、面積約116.16平方キロメートル。
      岐阜県の美濃地方に属しており、周囲を山に囲まれた美しい自然環境に恵まれています。
      陶磁器の街として有名で、古くから美濃焼の産地として栄え、歴史のある町です。
      ちなみに、その昔、土岐氏がこの地域を治めていたことからその名がつけられました。
      自然と文化が融合した素敵な町ですね。
      名古屋からは中央自動車道のインターチェンジもあり、車でのアクセスは良好です。

      続いて、パッション土岐店の周辺の
      オススメスポットを私の独断と偏見で紹介します。

      おすすめスポット

      イオンモール土岐

      当店案内の目印にもさせて頂いております、おなじみのイオンモール。特に説明は不要だと思いますが
      なんと、来年のはに映画館ができるそうです。東農エリアでは20年ぶりの映画館の登場だそうです。楽しみですね。隣接のスーパー銭湯もおすすめです。

      土岐アウトレットモール

      皆様ご存知のアウトレットモールです。約200の国内外の有名ブランドショップが揃っています。 アパレル、雑貨、家具、コスメ、レストランなど、幅広いジャンルのショップがあります。フードコートやキッズが楽しめる公園、ドッグガーデンなどもあります。 家族で1日楽しめる施設です。
      正面に見える中央アルプスの山脈に向かって空に飛び込むような体験が味わえる、大人も子どもも楽しめる高さ3.6メートルの大型ブランコが超オススメです。

      多治見美濃焼ミュージアム

      パッション土岐店の徒歩圏内にあります。美濃焼の歴史と文化を紹介する博物館です。多治見市は、美濃焼の産地として有名で、全国一の生産量を誇ります。多治見美濃焼ミュージアムでは、美濃焼の起源から現代までの作品を展示しています。美濃焼の起源から現代までの作品が展示されています。古陶磁器から現代陶芸まで、幅広い作品を見ることができます。また、美濃焼の製造工程を再現した展示や、美濃焼の文化に関する展示なども充実しています。陶芸体験もでいるので、ご家族でエンジョイできるスポットです。

      セラミックパークMINO

      コチラもパッション土岐店の近所、車で5分圏内。江戸時代の陶器窯や、現代の陶芸工房など、歴史と文化を感じられる施設が充実しています。 当時の陶芸の技術や文化を学ぶことができます。豊かな自然に囲まれています。 散策やハイキングを楽しむこともできます。ここでも陶芸体験ができますよ。あと、ここから徒歩5分ぐらいのところに展望台があり、多治見や土岐の町を一望できます。パッション土岐店はみえそうですが、森が大きすぎて見えません。

      多治見モザイクタイルミュージアム

      お隣の多治見市にある、モザイクタイルに特化した博物館です。 施釉磁器モザイクタイル発祥の地であり、全国一の生産量を誇る多治見市に位置し、モザイクタイルの歴史、文化、技術を紹介しています。山をモチーフにしたユニークな外観と、自然光を取り入れた明るい館内は、まるで異世界に迷い込んだような感覚を味わえます好きな色のタイルを選んで、自分だけのオリジナル作品を作ることができます。 世界に一つだけの作品を作ることができる、貴重な体験もできます。

      陶史の森

      パッション土岐から少しな離れていますが、巨大な遊具がありキッズが大喜び間違いなし!広い公園なので、ピクニックにもオススメなのでこれからの季節にぴったり。動物がいるみたいです。

      オリベストリート

      明治初期から昭和初期にかけて建てられた商家や蔵が残る本町。美濃焼の文化に培われた多治見市の歴史を色濃く残している長さ約400mのエリア。まるでタイムスリップしたような雰囲気が楽しめます。たくさんのショップが立ち並び、食べる、買う、体験するがたくさん楽しめます。デートに最適かも。

      土岐高山城跡

      明智光秀にゆかりのある城です。土岐市内が一望できる展望台になっており、夜景スポットとしても人気なので、気になるあの子を誘ってみてはいかがですか?

      駄知旧車館

      ここも少し離れていますが、テレビでも紹介された事のある、旧車が好きな方にはおすすめのスポットですただ、開館日が不定期で月に1日ぐらいしかないので、行けたらラッキーの超激レアな場所です。

      瑞浪市化石博物館

      化石博物館では、中央自動車道工事の際に採集された化石や市内各所から採集された化石をはじめ、25万点以上もの化石を収蔵、保管し、常設展示室では約3000点の化石を展示しています。化石博物館の南方約1.5kmの土岐川河川敷にある化石博物館指定の「野外学習地」では、どなたでも化石採集体験ができます。

      サイエンスワールド 岐阜県先端科学技術体験センター

      岐阜県瑞浪市にある実験や工作を通じて科学のおもしろさとふしぎを学ぶ体験型科学館。科学技術に関するさまざまな展示や体験プログラムが楽しめます。科学に関する蔵書が収められた科学図書館もあります。サイエンスショーやワークショップなど子供から大人まで一日中楽しめるスポットです。夏休みのお出かけにいかがですか?

      岐阜ワールドローズガーデン

      各務原市にある世界最大級のバラ園です。おなじみの品種から、国内外の最新品種までいろいろなバラが楽しめます。もちろんバラ以外にもネモフィラやひまわり、コスモスなどもあり、きれい花を通して四季を感じる事ができます。子供に大人気のアスレチックがあり、夏にはウォーターアトラクションも期間限定で登場します。


      いかがでしょうか?上記の情報はホームページなどを参考にさせて頂きました。土岐市や土岐市周辺は魅力的なスポットがいっぱいありますね。これらの場所に行ったついででもいいので、パッション土岐店に来ていただけると嬉しいです。

      まだまだ紹介したいスポットはいっぱいありますが、
      車屋さんブログじゃなくなりそうで怒られてしまいますのでやめておきますね(笑)

      あらためまして、岐阜県のみなさま、土岐市のみなさま
      パッション土岐店を末永くよろしくお願いします。

      軽未使用車パッション 春日井店

      〒486-0968 愛知県春日井市味美町2-124-1

      TEL:0568-34-8486

      軽未使用車パッション 南大高店

      〒459-8013 愛知県名古屋市緑区高根山2-202

      TEL:052-622-8486

      軽自動車パッション 豊田店

      〒471-0849 愛知県豊田市美山町3-34-33

      TEL:0565-41-8445

      未使用車総合店パッション 土岐店

      〒471-0849 愛知県豊田市美山町3-34-33

      TEL:0572-56-8486(2024年7月13日開通)

      HP:https://kei-passion.com

      営業時間:10時~18時30分

      定休日:水曜日・木曜日

      未使用車とは

      自動車の分類では「新車」「中古車」この2種類しかありません。

      軽自動車メーカーが登録だけした走行距離が100キロ以内・登録期間が数ヵ月以内の中古車の事を

      「届出済未使用車」と呼んでいます。以前は「新古車」とも呼ばれていました。

      どのメーカーがいいの?

      2024.6.25  スタッフブログ 

      皆さん、こんにちは!

      愛知県名古屋市と春日井市と豊田市にある

      軽自動車の未使用車専門店パッションです。

      軽自動車を買う時に悩んだことありませんか!!

      どのメーカーがいいのかな?どのメーカーにしようか?

      今回はメーカーについて説明していきます

      ・日本のメーカーっていくつあるの?

      日本の自動車メーカーの数は、定義によって異なります。

      一般社団法人日本自動車工業会(JAMA)で自動車工業会 会員となっているメーカーは以下になります

      • トヨタ自動車株式会社
      • 日産自動車株式会社
      • 本田技研工業株式会社
      • スズキ株式会社
      • マツダ株式会社
      • 株式会社SUBARU
      • ダイハツ工業株式会社
      • いすゞ自動車株式会社
      • 三菱自動車工業株式会社
      • 日野自動車株式会社
      • 三菱ふそうトラック・バス株式会社
      • ヤマハ発動機株式会社
      • UDトラック株式会社
      • カワサキモータース株式会社

      参照ページ:https://www.jama.or.jp/statistics/facts/maker/index.html

      また、トヨタ自動車や日産自動車などの大手メーカーの中には、子会社として複数のブランドを持つメーカーもあります。

      例えば、トヨタ自動車はトヨタブランド、レクサスブランド、ダイハツブランドを、日産自動車は日産ブランド、インフィニティブランド、三菱自動車工業株式会社を傘下に持っています。

      多くあるメーカーの中で当社で人気のメーカーを中心に紹介していきます!!

      ・ダイハツ工業株式会社

      ダイハツ工業株式会社は、日本の大阪府池田市に本社を置く自動車メーカーです。1907年に創業し、現在はトヨタ自動車の完全子会社となっています。

      軽自動車を中心に、小型自動車、商用車などを製造・販売しています。特に軽自動車市場においては高いシェアを誇り、タント、ムーヴ、ウェイクなどの人気車種を数多く輩出しています。

      ダイハツの強みは、燃費性能と使いやすさです。軽自動車は燃費性能が重視される車種であり、ダイハツは独自技術の開発により、低燃費車種を数多く発売しています。また、タントやムーヴなどの車種は、広い室内空間や使い勝手の良いシートアレンジなど、使いやすさにこだわった設計となっています。

      近年は、安全性能の向上にも力を入れています。衝突予防システム「スマートアシスト」を全車に搭載するなど、安全運転を支援する機能を充実させています。

      ダイハツは、**「軽自動車を通じて、お客様の豊かな暮らしを創造する」**という企業理念を掲げ、今後も軽自動車を中心とした事業を展開していく方針です。

      ダイハツ工業株式会社について、以下に詳しくご紹介します。

      ■ 会社概要

      会社名:ダイハツ工業株式会社
      本社所在地:大阪府池田市ダイハツ町1番1号
      設立:1907年3月1日
      代表取締役社長:奥平 真司氏
      従業員数:約13,000人
      売上高:約1兆6,000億円(2023年度連結決算)
      資本金:約1,000億円
      ■ 事業内容

      軽自動車、小型自動車、商用車の製造・販売
      自動車用部品の製造・販売
      モータースポーツ活動
      ■ 主な車種

      軽自動車:タント、ムーヴ、ウェイク、キャスト、アトラ

      小型自動車:ロッキー、ライズ

      商用車:ハイゼットカーゴ、ハイゼットトラック

      ■ 企業理念

      「軽自動車を通じて、お客様の豊かな暮らしを創造する」

      ■ 強み

      燃費性能
      使いやすさ
      安全性能

      ・スズキ株式会社

      スズキ株式会社は、静岡県浜松市に本社を置く、世界大手の輸送機器及び機械工業メーカーです。1902年に鈴木道雄氏によって創業され、当初は織機製造から始まりましたが、1931年にオートバイの開発・製造を開始し、現在では二輪車と四輪車の両分野で高いシェアを誇っています。

      ■ 事業内容

      二輪車: オートバイ、スクーターの製造・販売
      四輪車: 軽自動車、小型自動車の製造・販売
      産業機器: 船外機、発電機、小型エンジンなどの製造・販売
      ■ 主な車種

      二輪車: GSX-R1000、Vストローム650XT、アドレス110
      四輪車: スペーシア、ハスラー、ジムニー
      ■ 企業理念

      「思いやりと工夫で、人々の生活を豊かにする」

      ■ 強み

      独創的な技術力: スズキは、二輪車・四輪車ともに独創的な技術力で知られています。特に、二輪車では高性能なエンジンや軽量な車体、四輪車では軽快な走りと燃費性能に優れた車種を数多く開発・販売しています。
      グローバル展開: スズキは、世界190以上の国と地域で事業を展開しており、海外市場における売上高が全体の約8割を占めています。特に、インド市場におけるシェアは高く、二輪車市場でトップシェアを誇っています。
      モータースポーツ活動: スズキは、二輪車・四輪車ともにモータースポーツ活動に積極的に取り組んでおり、世界各地のレースで数々の勝利を収めています。モータースポーツ活動を通じて、技術力の向上を図るだけでなく、スズキブランドの認知度向上にも貢献しています。

      ・本田技研工業株式会社

      本田技研工業株式会社(以下、ホンダ)は、日本の東京都港区に本社を置く、世界的な輸送機器メーカーです。1948年に本田宗一郎氏によって創業され、現在は二輪車、四輪車、汎用製品(パワープロダクツ)の3つの事業を柱に展開しています。

      ■ 事業内容

      二輪車: オートバイ、スクーターの製造・販売
      四輪車: 乗用車、商用車の製造・販売
      汎用製品: 発電機、芝刈機、船外機などの製造・販売
      ■ 主な車種

      二輪車: スーパーカブ、CBシリーズ、レブル
      四輪車: N-BOX、フィット、シビック
      汎用製品: ホンダの発電機、芝刈機、船外機
      ■ 企業理念

      「移動の喜びと豊かさを創造し、人々の夢を力強く応援する」

      ■ 強み

      独創的な技術力: ホンダは、二輪車・四輪車ともに独創的な技術力で知られています。特に、二輪車では高性能なエンジンや軽量な車体、四輪車ではVTECやi-VTECなどの可変バルブタイミング・リフト機構など、数多くの革新的な技術を開発・商品化してきました。
      グローバル展開: ホンダは、世界180以上の国と地域で事業を展開しており、海外市場における売上高が全体の約8割を占めています。特に、北米市場とアジア市場におけるシェアは高く、世界有数の自動車メーカーとして高い評価を得ています。
      モータースポーツ活動: ホンダは、二輪車・四輪車ともにモータースポーツ活動に積極的に取り組んでおり、世界各地のレースで数々の勝利を収めています。モータースポーツ活動を通じて、技術力の向上を図るだけでなく、ホンダブランドの認知度向上にも貢献しています。

      日産自動車株式会社

      日産自動車株式会社は、神奈川県横浜市に本社を置く、日本の多国籍自動車メーカーです。1933年に合資会社ダット自動車製造が設立され、翌年に日産自動車株式会社に改称されました。現在は、ルノー・日産・三菱アライアンスを形成する3社の一角として、世界屈指の自動車メーカーとして知られています。

      ■ 事業内容

      自動車: 乗用車、商用車の製造・販売
      自動車部品: エンジン、トランスミッションなどの製造・販売
      金融: 自動車ローン、リースなどの提供
      ■ 主な車種

      乗用車: ノート、セレナ、リーフ、フェアレディZ
      商用車: NV200バネット、アトラス
      モータースポーツ: NISMO
      ■ 企業理念

      「革新的な技術と情熱で、人々の生活を豊かにする」

      ■ 強み

      独創的な技術力: 日産自動車は、長年にわたり独自の技術を開発・商品化しており、その中でもエンジン技術に特に定評があります。V型6エンジン「VRシリーズ」や、高性能ターボチャージャー「GT-R専用タービン」などは、世界中の自動車ファンから高く評価されています。
      グローバル展開: 日産自動車は、世界180以上の国と地域で事業を展開しており、海外市場における売上高が全体の約8割を占めています。特に、北米市場と中国市場におけるシェアは高く、世界有数の自動車メーカーとして高い評価を得ています。
      SUVラインナップ: 日産自動車は、SUV車種に力を入れており、エクストレイル、キャシュカイ、ムラーノなど、幅広い車種をラインアップしています。近年は、SUV市場の拡大に伴い、日産自動車のSUV車種の人気が高まっています。


      ■ 補足情報

      日産自動車は、1998年にルノーと資本提携を行い、2002年にはルノー傘下の企業となりました。その後、2016年には三菱自動車工業を傘下に収め、現在ではルノー・日産・三菱アライアンスを形成する3社の一角として、世界屈指の自動車メーカーグループを築き上げています。
      日産自動車は、モータースポーツ活動にも積極的に取り組んでおり、ル・マン24時間レースやフォーミュラEなどで数々の勝利を収めています。
      日産自動車は、独創的な技術力とグローバル展開力、そしてSUV車種の充実などにより、世界中の人々から支持される自動車メーカーとして成長を遂げてきました。今後も、電動化技術の開発や自動運転技術の開発などを通じて、さらなる成長を目指していくことでしょう。

      ・三菱自動車工業株式会社

      三菱自動車工業株式会社は、東京都港区に本社を置く、日本の自動車メーカーです。1870年に岩崎弥太郎が創業した三菱商会をルーツとし、現在は三菱グループの一員として、自動車事業を中心に幅広い事業を展開しています。

      ■ 事業内容

      自動車: 乗用車、商用車の製造・販売
      鉄道車両: 電車、バスなどの製造・販売
      産業機器: 空調機器、エンジン、発電機などの製造・販売
      防衛装備: 戦車、装甲車などの製造・販売
      ■ 主な車種

      乗用車: アウトランダー、エクリプスクロス、デリカD:5
      商用車: トライトン、ミニキャブ
      モータースポーツ: ランサーエボリューション
      ■ 企業理念

      「地球環境と社会に貢献し、人々の豊かな暮らしと夢の実現を創造する」

      ■ 強み

      四輪駆動技術: 三菱自動車は、四輪駆動技術に定評があり、**「S-AWC」**と呼ばれる独自の四輪駆動システムを開発・商品化しています。S-AWCは、前後左右の4つの車輪に独立して動力を供給することで、あらゆる路面状況での安定した走行性能を実現しています。
      SUV車種: 三菱自動車は、SUV車種に力を入れており、アウトランダー、パジェロ、エクリプスクロスなど、幅広い車種をラインアップしています。近年は、SUV市場の拡大に伴い、三菱自動車のSUV車種の人気が高まっています。
      電動化技術: 三菱自動車は、電動化技術の開発にも積極的に取り組んでいます。1999年には、世界初の量産型電気自動車「i」を発売し、現在ではアウトランダーPHEVなど、プラグインハイブリッド車を中心に電動車種を拡充しています。

      ■ 補足情報

      三菱自動車は、1970年に三菱重工業から独立した会社です。
      三菱自動車は、過去に燃費不正問題で大きな打撃を受けましたが、現在は経営再建を軌道に乗せ、再び成長軌道に乗っています。
      三菱自動車は、モータースポーツ活動にも積極的に取り組んでおり、ダカール・ラリーやパリ・ダカール・ラリーで数々の勝利を収めています。
      三菱自動車は、四輪駆動技術、SUV車種、電動化技術などで強みを持つ、日本の自動車メーカーです。近年は燃費不正問題の影響で苦しみましたが、現在は経営再建を軌道に乗せ、再び成長を目指しています。今後も、電動化技術の開発や自動運転技術の開発などを通じて、さらなる成長が期待されます。

      トヨタ・マツダ・スバルからも軽自動車が販売されています

      こちらはOEMがほとんどとなっています

      ※OEMは「Original Equipment Manufacturing」の略称で、日本語では「相手先ブランド製造」と訳されます。これは、ある企業(委託者)が、別の企業(受託者)に製品を製造させ、自社のブランドで販売するビジネス形態を指します。

      まとめ

      日本には多くのメーカーがありますがどのメーカーも歴史があり技術もあるメーカーとなっています。

      軽自動車の場合は近年技術も向上しているため大きな差はないと感じます。

      みなさんが実際に見て、乗ってみてよいと思ったメーカーに乗ることがいいと考えます。

      このメーカーだから・・・と特定する必要なないと思います。

      パッションですとオールメーカー取り扱い可能となっています。

      展示車も多く置いてあるため乗り比べも可能となっています。

      オールメーカー取り扱いできるからこその目線でお話もできます

      ぜひ皆様困ったらパッションへご相談ください♪

      パッションではスズキ・ダイハツ・ニッサン・ホンダ・スバル・トヨタ・三菱・マツダ

      国内オールメーカー取り扱いしており、グループ在庫1,500台の中からお客様にピッタリな一台をご提案させていただいております。

      未使用車だけではなく新車の取り扱いもしておりますので

      お車探しはパッションにお任せください!

      軽未使用車パッション 春日井店

      〒486-0968 愛知県春日井市味美町2-124-1

      TEL:0568-34-8486

      軽未使用車パッション 南大高店

      〒459-8013 愛知県名古屋市緑区高根山2-202

      TEL:052-622-8486

      軽自動車パッション 豊田店

      〒471-0849 愛知県豊田市美山町3-34-33

      TEL:0565-41-8445

      HP:https://kei-passion.com

      営業時間:10時~18時30分

      定休日:水曜日・木曜日

      未使用車とは

      自動車の分類では「新車」「中古車」この2種類しかありません。

      軽自動車メーカーが登録だけした走行距離が100キロ以内・登録期間が数ヵ月以内の中古車の事を

      「届出済未使用車」と呼んでいます。以前は「新古車」とも呼ばれていました。

      梅雨到来!車の手入れを徹底解説

      2024.6.23  スタッフブログ 


      皆さん、こんにちは!

      愛知県名古屋市春日井市豊田市にある

      軽自動車の未使用車専門店パッションです。


      ついに東海エリアも梅雨入りが発表されましたね。
      毎日ジメジメした日が続きますが、体調に気を付けて頑張っていきましょう!!


      この時期は洗車してもすぐ雨降るからなと思ってしまう方も少なくないと思います。
      梅雨の時期は、湿気が多く雨の日が続くため、車の手入れが非常に重要です。

      この時期に適切なメンテナンスを行うことで、車の寿命を延ばし、安全性を保つことができます。


      今回は梅雨時期に特に気を付けたい車の手入れポイントを詳しく解説します。

      梅雨にメンテナンスが必要な理由

      そもそも梅雨には車のメンテナンスが必要といわれるのはなぜなのでしょうか?

      まずはメンテナンスが必要とされる理由について見ていきましょう。

      1.汚れが付着する

      雨が多く降る梅雨は、車に落としにくい汚れが付着しやすい時期です。

      例えばぬかるんだ道を走ってタイヤやボディに泥が跳ねたり、雨の中に混じった空気中のホコリやチリがフロントガラスに付着したり…。

      雨は真水ではなくさまざまなゴミを含んでいるので、泥はねが起こりやすくなるだけでなく、雨にあたるだけでも車はどんどん汚れていきます。

      また、雨には酸性の成分など不純物が多く含まれています。
      その為塗装にも悪影響を及ぼす危険性もあります。

      2.視界の悪化

      雨により運転中の視界が悪くなりやすいことも理由の一つです。

      雨の日は視界が悪くなり事故のリスクが高まりますが、ワイパーを作動させたとき、ゴムの劣化や付着した油分で水滴が拭いきれないとさらに視界は悪くなります。

      水滴を残さず拭って良好な視界を得るためにも、梅雨時期の車のメンテナンスは欠かせません。

      3.ハイドロプレーニング現象

      梅雨はハイドロプレーニング現象が起こりやすい時期です。

      ハイドロプレーニング現象とは、道路に溜まった雨水とタイヤの間に膜ができて、地面との摩擦が得られなくなること。

      ハイドロプレーニング現象が生じると、まるでアイスバーンの道路を走っているかのように車の操作が効かなくなってしまいます。

      ハイドロプレーニング現象は防ぎようがないため、事前にメンテナンスをしっかりと行っておき、対策を練ることが唯一の予防法です。

      メンテナンス方法

      1.ボディメンテナンス

      ・洗車

      梅雨時期には雨が多く降りますが、その雨は酸性雨であることが多いです。酸性雨は車の塗装や金  属部分を侵食し、錆を引き起こす可能性があります。定期的に洗車を行うことで、酸性雨の影響を軽減できます。

      また、雨が降ることで、道路上の泥や砂、油分などが車に付着しやすくなります。これらの汚れは放置すると固着し、洗車で取り除くのが難しくなります。定期的な洗車でこれらの汚れを除去することが大切です。

      梅雨時期は湿気が多く、車の下回りや隙間に水分が溜まりやすい状況になります。洗車後にしっかりと乾燥させることで、錆の発生を防ぐことができます。

      梅雨時期でも車をきれいに保つことで、車の美観を維持することができます。特に泥や砂が乾燥すると、車の表面に傷をつけることがあるため、定期的な洗車は車の見た目を保つためにも重要です。

      ・カーコーティング

      カーコーティングは車の表面に防水層を形成し、雨水が車体に直接触れないようにします。これにより、雨水が車の塗装や金属部分に浸透するのを防ぎ、錆の発生を抑えることができます。

      また、コーティングされた車の表面は滑らかで汚れが付きにくくなります。泥や塵、鳥の糞などの汚れが付着しても簡単に洗い流せるため、車をきれいに保つことが容易です。

      カーコーティングには紫外線を遮断する効果もあります。これにより、塗装の劣化や色あせを防ぎ、車の外観を長く美しく保つことができます。

      初期費用はかかりますが、コーティングによる保護効果で洗車やメンテナンスの頻度が減り、車の修理費用や再塗装費用を節約できます。

      2.ガラスメンテナンス

      ・ガラス撥水

      撥水加工を施したガラスは、水滴が玉状になって流れ落ちやすくなります。これにより、雨の日でも視界がクリアになり、運転中の安全性が向上します。

      また、水滴が自然に流れ落ちるため、ワイパーの使用頻度や稼働時間が減少します。これにより、ワイパーの摩耗を軽減し、寿命を延ばすことができます。

      撥水加工は、ガラス表面に汚れが付着しにくくする効果もあります。泥や埃、鳥の糞などの汚れが付着しても簡単に洗い流せるため、ガラスをきれいに保ちやすくなります。

      梅雨時期にガラス撥水加工を施すことは、安全運転をサポートし、視界を確保しやすくするために非常に有効です。雨天時の運転が多い地域やシーズンでは特に、その効果を実感することができます。

       ・油膜除去

      梅雨時期にガラスの油膜を除去することは、視界を確保し、安全な運転をするために非常に重要です。以下に、油膜が形成される原因とその除去方法、対策について説明します。

      道路には車の排気ガスやオイルが含まれており、これらが雨とともにガラスに付着します。

      ワイパーブレードの劣化にもつながり、油分を効果的に除去できずガラスに油膜が残りやすくなります。

      そんな油膜も専用の油膜取りクリーナーを使うことで、頑固な油膜を効果的に除去できます。

      また、家庭にあるお酢や重曹でも油膜を落とすことができるので試してみるのも良いかもしれませんね。

      3.ワイパーメンテナンス

      ・ワイパーゴム

      梅雨時期には雨が多く降り、視界が悪くなることが頻繁にあります。そのため、安全な運転を保つためには、ワイパーの性能が非常に重要です。

      ワイパーは、雨や雪などの水分をフロントガラスから取り除き、視界を確保するための重要な部品です。特に梅雨時期には、ワイパーの使用頻度が増え、劣化しやすくなります。劣化したワイパーを使用し続けると、視界不良、ガラスへの傷、運転のストレス等の問題が生じます。

      これらの問題を防ぐために、定期的なワイパー交換が必要です。

      ワイパーの交換時期は、一般的には半年から1年に一度が目安とされています。しかし、使用状況や環境によっては、より頻繁な交換が必要になることもあります。具体的には拭き取りムラ、ゴムの劣化、異音、視界不良等の症状が交換の目安になります。

      梅雨時期には、ワイパーの状態を常に良好に保つことが安全運転に直結します。定期的な点検と交換を行い、視界を確保することで、雨の日の運転でも安心してドライブを楽しむことができます。ワイパーの選び方や交換手順をしっかりと把握し、適切なメンテナンスを心がけましょう。

      4.タイヤメンテナンス

      ・タイヤ

      梅雨時期には道路が濡れて滑りやすくなるため、タイヤの状態が安全運転に直接影響します。適切なタイヤメンテナンスを行うことで、雨の日でも安心して運転することができます。

      タイヤの溝の深さは、雨の日のグリップ力に大きく影響します。溝が浅いと、水はけが悪くなり、ハイドロプレーニング現象が発生しやすくなります。溝の深さが1.6mm未満になった場合は、早急にタイヤを交換する必要があります。理想的には、3mm以上の溝を保つことが推奨されています。

      適切な空気圧を保つことは、タイヤの性能を最大限に引き出すために重要です。空気圧が低すぎると、タイヤの接地面積が増えて摩耗が早まり、燃費も悪化します。一方、空気圧が高すぎると、接地面積が減り、グリップ力が低下します。特に梅雨時期には、適正な空気圧を維持することが重要です。

      タイヤの交換時期は、走行距離や使用環境によって異なりますが、一般的には3〜5年、または走行距離5万〜7万キロメートルが目安とされています。特に梅雨時期に向けては、早めの交換を検討することが安全運転のために重要です。

      タイヤの溝や空気圧チェックを定期的に行い、必要に応じてタイヤ交換やローテーションを実施することで、雨の日でも安心して運転することができます。また、プロによる点検を受けることも重要です。これらのポイントを参考に、梅雨時期のタイヤメンテナンスをしっかりと行い、安全で快適なドライブを楽しみましょう。

      5.エアコンメンテナンス

      ・エアコンフィルター

      梅雨時期は高湿度と高温が続くため、車のエアコンが大活躍します。しかし、エアコンのメンテナンスが不十分だと、冷房の効きが悪くなり、不快な臭いが発生することがあります。

      エアコンフィルターは車内の空気を清浄に保つための重要な部品です。梅雨時期は特に湿気が多く、フィルターが汚れやすくなります。

      フィルターが目詰まりしていると、空気の流れが悪くなり、エアコンの効きが低下します。定期的に取り外して汚れを確認しましょう。

      また、梅雨時期は湿気がこもりやすく、エアコンから不快な臭いが発生することがあります。臭いの原因は、フィルターの汚れやカビ、バクテリアの繁殖です。

      エアコンフィルターは通常、半年から1年に一度、または走行距離1万キロごとに交換することが推奨されています。特に梅雨時期の前に交換することで、快適な空気環境を保てます。

      梅雨時期にはエアコンの使用頻度が増えるため、エアコンのメンテナンスをしっかりと行うことが重要です。エアコンフィルターの点検と交換、臭い対策、システム全体の点検などを定期的に実施することで、エアコンシステムを良好な状態に保ち、梅雨時期を快適に過ごしましょう。

      6.バッテリーメンテナンス

      ・バッテリー

      梅雨時期は、車のバッテリーにとって過酷な環境となります。湿気や気温の変化がバッテリーの性能に影響を与え、最悪の場合、突然のバッテリー上がりに見舞われることもあります。

      車のバッテリーは、エンジン始動時にスターターモーターに電力を供給するほか、ライト、エアコン、オーディオシステムなどの電装品に電力を供給します。エンジンが始動すると、発電機がバッテリーを充電しながら電力供給を続けます。

      梅雨時期の湿気は、バッテリーの接点や端子に影響を与え、腐食や酸化を引き起こします。これにより、電気抵抗が増加し、効率的な電力供給が妨げられることがあります。腐食が進行すると、最終的にはバッテリーの機能不全に繋がる可能性があります。

      気温の変化もバッテリーに影響を与えます。梅雨時期は比較的温暖ですが、急激な温度変化がバッテリーの寿命を縮めることがあります。特に、高温状態が続くと、電解液の蒸発や内部抵抗の増加が起こりやすくなります。

      車を長期間使用しない場合でも、定期的にエンジンを始動させることで、バッテリーの自然放電を防ぐことができます。週に一度はエンジンをかけ、最低でも15分間アイドリングさせることで、バッテリーが充電され、電気系統の動作確認も行えます。

      バッテリーは消耗品であり、定期的な交換が必要です。一般的に、車のバッテリーの寿命は3〜5年程度です。バッテリーの寿命が近づいている場合や、エンジン始動がスムーズでない場合は、早めの交換を検討しましょう。

      まとめ

      梅雨時期の自動車メンテナンスは、車の安全性、快適性、耐久性を確保するために不可欠です。定期的な点検と適切なケアを行うことで、雨や湿気による影響を最小限に抑え、長期間にわたって安全で快適な車の利用が可能となります。自動車の性能を最大限に引き出し、安全なドライブを楽しむためにも、梅雨時期のメンテナンスをしっかりと行いましょう。

      梅雨時期における自動車のメンテナンスは、単なる車の維持だけでなく、自身や他の道路利用者の安全を守るための重要な行動です。忘れずに、これらの手順を実行することで、車の性能を最適化し、雨の日でも安心して運転できるようにしましょう。


      本日紹介したメンテナンスは弊社でも可能です。
      お気軽にご相談ください。

      パッションではスズキ・ダイハツ・ニッサン・ホンダ・スバル・トヨタ・三菱・マツダ

      国内オールメーカー取り扱いしており、グループ在庫1,500台の中からお客様にピッタリな一台をご提案させていただいております。

      未使用車だけではなく新車の取り扱いもしておりますので

      お車探しはパッションにお任せください!

      軽未使用車パッション 春日井店

      486-0968 愛知県春日井市味美町2-124-1

      TEL0568-34-8486

      軽未使用車パッション 南大高店

      459-8013 愛知県名古屋市緑区高根山2-202

      TEL052-622-8486

      軽自動車パッション 豊田店

      471-0849 愛知県豊田市美山町3-34-33

      TEL0565-41-8445

      HPhttps://kei-passion.com

      営業時間:10時~1830

      定休日:水曜日・木曜日

      未使用車とは

      自動車の分類では「新車」「中古車」この2種類しかありません。

      軽自動車メーカーが登録だけした走行距離が100キロ以内・登録期間が数ヵ月以内の中古車の事を

      「届出済未使用車」と呼んでいます。以前は「新古車」とも呼ばれていました。

      軽自動車のハイブリッドモデルって?車種やポイント、魅力に迫る!

      2024.6.14  スタッフブログ 

      皆さん、こんにちは!

      愛知県名古屋市と春日井市と豊田市にある

      軽自動車の未使用車専門店パッションです。

      お車に詳しい人もそうでない人も燃費の良い車と言えば【ハイブリッド】

      というワードは誰しも聞いたことがあるかと思います。

      実はハイブリッドシステムは普通車だけでなく軽自動車にも搭載されている車が徐々に増えてきています。

      今回はそんな軽自動車のハイブリッドモデルについて選び方のポイントや魅力、メリットデメリットを徹底的に解説していきます!ハイブリッドが搭載されたオススメ車種もご紹介いたします!

      https://toyota.jp/aqua/?padid=from_aqua_gallery_navi_top

      ハイブリッドという言葉は、一般的には「異なる種類のものを組み合わせる」という意味で使われます。車においては、エンジンとモーターという2つの動力源を組み合わせた自動車を指します。
      ハイブリッド車は、エンジン車と電気自動車(EV)の長所を組み合わせた車と言えます。
      ハイブリッド車は、エンジンとモーターの組み合わせで駆動しています。エンジンは発電機としても機能し、バッテリーに電力を供給します。モーターは、このバッテリーに蓄えられた電力で駆動されます。
      走行状況に応じて、エンジンとモーターを効率的に使い分けることで、燃費向上を実現しています。


      ハイブリッド車のメリット
      •燃費向上:エンジン車と比べて燃費が向上します。
      •環境性能向上:CO2排出量や排気ガスの量を抑制できます。
      •静粛性:モーター走行時は静粛性に優れています。
      •税制優遇:エコカー減税などの対象となる車種が多いです。


      ▼ハイブリッド車のデメリット
      •価格:エンジン車に比べて価格が高くなります。
      •重量:バッテリー搭載により重量が増加します。
      •構造:エンジン車に比べて構造が複雑になります

      ▼ハイブリッド車の種類
      ハイブリッド車は、大きく分けて2種類あります。
      マイルドハイブリッド:モーターはエンジンを補助的に動かすのみで、EV走行はできません。
      フルハイブリッド:エンジンとモーターを独立して動かすことができ、EV走行とハイブリッド走行を状況に応じて切り替えることができます。

      https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

      軽自動車にもハイブリッド車は存在します。軽自動車のハイブリッド車は、ほとんどがマイルドハイブリッドです。
      マイルドハイブリッドは、エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムの一種で、モーターの出力が控えめ(=マイルド)な点が特徴です。
      マイルドハイブリッドシステムは、主に以下の機能で燃費向上を実現します。


      ・アイドリングストップ:停車時にエンジンを停止し、再始動時にモーターでアシストすることで、無駄な燃料消費を抑制します。
      ・減速時エネルギー回生:ブレーキをかけた際に発生するエネルギーを電気に変換し、バッテリーに蓄えます。蓄えた電力は、アイドリングストップの再始動やモーターアシストなどに利用されます。
      ・モーターアシスト:発進時や加速時にモーターでエンジンをアシストすることで、エンジン負荷を低減し、燃費向上に貢献します。


      マイルドハイブリッドの特徴
      システムがシンプルで軽量:モーター出力が控えめなため、システムがシンプルで軽量になります。
      低コスト:システムがシンプルで軽量なため、低コストで製造することができます。
      燃費向上効果はフルハイブリッドに比べて小さい:モーター出力が控えめなため、燃費向上効果はフルハイブリッドに比べて小さいです。
      EV走行はできない:モーターのみでの走行はできないため、EV走行はできません

      https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_mini/index.html

      軽自動車ハイブリッドモデルのメリット

      1. 燃費性能向上

      軽自動車ハイブリッドは、ガソリン車と比べて燃費性能が向上します。JC08モード燃費で20km/Lを超える車種も多く、街乗りでは30km/Lを超える場合もあります。これは、ガソリン車の燃費が15km/L程度であることを考えると、大きなメリットと言えます。

      1. ランニングコスト削減

      燃費性能が向上することで、燃料費が節約できます。年間走行距離1万kmの場合、ガソリン車と比べて年間約2万円の燃料費を節約できることになります。

      1. 環境への配慮

      燃費性能が向上することで、CO2排出量も削減できます。これは、地球温暖化対策に貢献することになります。

      1. 静粛性向上

      モーターによる駆動が増えるため、エンジン音や振動が少なくなり、静粛性が向上します。特に、アイドリング時や低速走行時の静粛性は、ガソリン車とは比べ物にならないほど快適です。

      その他

      加速性能向上:モーターによるアシストにより、発進や加速がスムーズになります。
      エコドライブしやすい:燃費計などの機能が充実しており、エコドライブを意識した運転がしやすくなります。
      税金減免:自動車重量税と自動車取得税が軽減されます。
      軽自動車ハイブリッドは、燃費性能だけでなく、静粛性や加速性能など、様々なメリットがあります。近年人気が高まっているのも納得です。

      軽自動車ハイブリッドモデルのデメリット

      1.車両価格が高い: ガソリン車よりも車両価格が高くなります。
      2.高速走行での燃費が劣る: 高速道路での走行では、ガソリン車の方が燃費が良くなる場合があります。

      スズキ【アルト】HYBRID X

      https://www.suzuki.co.jp/car/alto/
      メーカー希望小売価格1,380,500円
      燃費(WLTCモード)27.7km/L

      スズキ アルトは、1979年から販売されている軽自動車で、現在9代目となる現行モデルは2022年1月に発売されました。40年以上の歴史を持つロングセラーモデルで、累計販売台数500万台を突破しています。

      アルトは、以下の4つの特徴で人気を集めています。

      1.低価格

      アルトは、軽自動車の中でも特に低価格な車種として知られています。現行モデルの価格は、1,064,800円(A)からとなっています。

      2.燃費性能

      アルトは、燃費性能も優れています。WLTCモード燃費は27.7km/Lで、軽自動車トップレベルの燃費性能を誇ります。

      3.使い勝手

      アルトは、小回りが利くので運転しやすく、取り回しも楽です。また、室内空間も広く、荷室も広めで、使い勝手が良い車です。

      4.安全性能

      アルトは、安全性能も充実しています。デュアルエアバッグ、ABS、EBD、ヒルホールドコントロールなどの安全装備が標準装備されています。また、オプションで衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなども装着できます。

      その他の特徴

      • カラーバリエーションが豊富:モノトーンカラー8色とツートンカラー4色の合計12色から選ぶことができます。
      • マイルドハイブリッド搭載:全車にマイルドハイブリッドシステムが搭載されており、燃費向上に貢献しています。

      アルトは、低価格で燃費性能も良く、使い勝手も抜群、安全性能も充実した軽自動車です。初めて車を購入する人や、セカンドカーを探している人におすすめの車と言えるでしょう。

      スズキ【ワゴンR】HYBRID FX-S

      https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/
      メーカー希望小売価格1,463,000円
      燃費(WLTCモード)25.2km/L

      スズキ ワゴンRは、1993年から販売されている軽ワゴンです。現行モデルは6代目で、2022年5月に発売されました。

      ワゴンRは、以下の4つの特徴で人気を集めています。

      1.広い室内空間

      ワゴンRは、スライドの付いていないワゴンタイプですが広い室内空間を備えています。天井が高く、開放感があります。また、シートアレンジも自由自在で、荷物をたくさん積んだり、車中泊したりすることもできます。

      2.優れた燃費性能

      ワゴンRは、燃費性能も優れています。WLTCモード燃費は25.2km/Lで、軽ワゴンの中ではトップレベルの燃費性能を誇ります。

      3.充実した安全性能

      ワゴンRは、安全性能も充実しています。デュアルエアバッグ、ABS、EBD、ヒルホールドコントロールなどの安全装備が全車標準装備されています。また、オプションで衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなども装着できます。

      4.豊富なラインナップ

      ワゴンRは、スタンダードモデルの「ワゴンR」、スポーティーな「ワゴンR スティングレー」、カスタム仕様の「ワゴンRカスタムZ」など、豊富なラインナップが用意されています。ワゴンRスティングレーやワゴンRカスタムZにもHYBRID搭載車になっております。

      その他の特徴

      • スズキ独自のプラットフォーム「HEARTECT」を採用し、軽量化と高剛性化を実現
      • 低いアイポイントと広い視界で、運転しやすい
      • スズキコネクト搭載で、スマートフォンと連携した便利な機能を利用可能
      • 全車にデュアルカメラブレーキサポートを標準装備

      ワゴンRは、広い室内空間、優れた燃費性能、充実した安全性能、豊富なラインナップなど、軽トールワゴンとして魅力満載の車です。ファミリーカーやセカンドカーとして、多くの人に選ばれています。

      スズキ【ワゴンRスマイル】HYBRID S

      https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr_smile/
      メーカー希望小売価格1,647,800円
      燃費(WLTCモード)25.1km/L

      スズキ ワゴンRスマイルは、2022年8月に発売された軽自動車です。スズキの人気軽自動車「ワゴンR」をベースに、スライドドアを装備したモデルです。

      ワゴンRスマイルは、以下の5つの特徴で人気を集めています。

      1.可愛らしいデザイン

      ワゴンRスマイルは、丸みを帯びたヘッドライトやバンパーなど、可愛らしいデザインが特徴です。特に、フロントバンパーに施されたメッキ加飾は、他の軽自動車にはない個性的なデザインとなっています。

      2.広々とした室内空間

      ワゴンRスマイルは、ワゴンRと同じホイールベースを持ちながら、スライドドアを採用することで、室内空間をさらに広げています。特に、後席の足元空間は広く、大人でも快適に乗車することができます。

      3.使いやすいスライドドア

      ワゴンRスマイルは、両側にスライドドアを装備しています。これにより、狭い駐車場での乗り降りや、子供の抱っこでの乗降りがしやすくなっています。

      4.充実した安全性能

      ワゴンRスマイルは、安全性能も充実しています。デュアルエアバッグ、ABS、EBD、ヒルホールドコントロールなどの安全装備が全車標準装備されています。また、オプションで衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなども装着できます。

      5.手ごろな価格

      ワゴンRスマイルは、ワゴンRよりも安価な価格設定となっています。これは、スライドドアを装備しながらも、コストを抑えるために、一部の装備を簡略化しているためです。

      その他の特徴

      • マイルドハイブリッドシステム搭載で、燃費向上に貢献
      • 荷室アレンジが自由自在で、様々な用途に対応可能
      • スズキコネクト搭載で、スマートフォンと連携した便利な機能を利用可能

      ワゴンRスマイルは、可愛らしいデザイン、広々とした室内空間、使いやすいスライドドア、充実した安全性能、手頃な価格など、魅力満載の軽自動車です。特に、女性やファミリーカーとして、人気を集めています。

      スズキ【ハスラー】HYBRID X

      https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/
      メーカー希望小売価格1,672,000円
      燃費(WLTCモード)25.0km/L

      スズキ ハスラーは、2014年から販売されている軽クロスオーバーSUVです。現行モデルは2代目で、2020年2月に発売されました。

      ハスラーは、以下の5つの特徴で人気を集めています。

      1.個性的なデザイン

      ハスラーは、丸みを帯びたヘッドライトやバンパーなど、個性的なデザインが特徴です。特に、フロントグリルに施されたメッキ加飾は、ハスラーのアイデンティティともいえるデザインとなっています。

      2.広々とした室内空間

      ハスラーは、軽自動車とは思えないほど広い室内空間を備えています。天井が高く、開放感があります。また、シートアレンジも自由自在で、荷物をたくさん積んだり、車中泊したりすることもできます。

      3.優れた燃費性能

      ハスラーは、燃費性能も優れています。WLTCモード燃費は25.0km/Lで、軽クロスオーバーSUVの中ではトップレベルの燃費性能を誇ります。

      4.走破性

      ハスラーは、最低地上高180mmのハイブリッドシステム搭載で、悪路でも安心して走行することができます。

      5.安全性能

      ハスラーは、安全性能も充実しています。デュアルエアバッグ、ABS、EBD、ヒルホールドコントロールなどの安全装備が全車標準装備されています。また、オプションで衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなども装着できます。

      その他の特徴

      • マイルドハイブリッドシステム搭載で、燃費向上に貢献
      • 荷室アレンジが自由自在で、様々な用途に対応可能
      • スズキコネクト搭載で、スマートフォンと連携した便利な機能を利用可能

      ハスラーは、個性的なデザイン、広々とした室内空間、優れた燃費性能、走破性、安全性能など、魅力満載の軽クロスオーバーSUVです。アクティブに活動する人や、アウトドア好きな人におすすめの車と言えるでしょう。

      日産【デイズ】ハイウェイスターX

      https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/dayz.html
      メーカー希望小売価格1,698,400円
      燃費(WLTCモード)23.3km/L
      ※ハイブリッドシステムはS、Xは非搭載です

      日産デイズは、2012年から販売されている軽ハイトワゴンです。現行モデルは2代目で、2019年2月に発売されました。デイズは、以下の5つの特徴で人気を集めています。

      1. 広々とした室内空間

      デイズは、軽自動車とは思えないほど広い室内空間を備えています。天井が高く、開放感があります。また、シートアレンジも自由自在で、荷物をたくさん積んだり、車中泊したりすることもできます。

      日産デイズ 広々とした室内空間

      2. 燃費性能

      デイズは、燃費性能も優れています。WLTCモード燃費は23.3km/Lで、軽ワゴンの中ではトップレベルの燃費性能を誇ります。

      3. 安全性能

      デイズは、安全性能も充実しています。デュアルエアバッグ、ABS、EBD、ヒルホールドコントロールなどの安全装備が全車標準装備されています。また、オプションで衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなども装着できます。

      4. 充実した装備

      デイズは、充実した装備も魅力です。LEDヘッドライト、クルーズコントロール、インテリジェントキーなどの装備が全車標準装備されています。また、オプションでナビゲーションシステムやサンルーフなども装着できます。

      その他の特徴

      • マイルドハイブリッドシステム搭載で、燃費向上に貢献
      • 独自の車載通信モジュール「NissanConnect」搭載で、スマートフォンと連携した便利な機能を利用可能

      デイズは、広々とした室内空間、優れた燃費性能、充実した安全性能、充実した装備、手頃な価格など、魅力満載の軽ワゴンです。ファミリーカーやセカンドカーとして、多くの人に選ばれています。

      三菱【ekクロス】G

      https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_x/index.html
      メーカー希望小売価格1,664,520円
      燃費(WLTCモード)23.3km/L

      三菱eKクロスは、2019年2月に発売された軽SUVです。三菱自動車のeKシリーズ初のSUVモデルで、個性的なデザインと充実した装備が魅力です。

      1.個性的なデザイン

      eKクロスは、三菱自動車の「ダイナミックシールド」デザインコンセプトを採用した個性的なデザインが特徴です。力強いフロントマスクと、SUVらしい高い車高が特徴です。

      2.充実した装備

      eKクロスは、安全性能や快適性を向上させる装備が充実しています。

      3.安全性能

      • 衝突被害軽減ブレーキ(デュアルカメラ式)
      • 車線逸脱警報システム
      • オートマチックハイビーム
      • 標識認識システム
      • パーキングセンサー

      4.優れた燃費性能

      eKクロスは、マイルドハイブリッドシステムを搭載し、燃費性能を向上させています。WLTCモード燃費は23.3km/Lで、軽SUVの中ではトップレベルの燃費性能を誇ります。

      eKクロスは、個性的なデザイン、充実した装備、優れた燃費性能、手頃な価格など、魅力満載の軽SUVです。アクティブに活動する人や、SUVに興味がある人におすすめの車と言えるでしょう。

      スズキ【スペーシア】HYBRID G

      https://www.suzuki.co.jp/car/spacia/
      メーカー希望小売価格1,530,100円
      燃費(WLTCモード)25.1km/L

      スズキ スペーシアは、2013年から販売されている軽スーパーハイトワゴンです。現行モデルは3代目で、2023年11月に発売されました。スペーシアは、以下の5つの特徴で人気を集めています。

      1. 広々とした室内空間

      スペーシアは、軽自動車とは思えないほど広い室内空間を備えています。天井が高く、開放感があります。また、後席の足元空間も広く、大人でも快適に乗車することができます。

      2. 使いやすいスライドドア

      スペーシアは、両側にスライドドアを装備しています。これにより、狭い駐車場での乗り降りや、子供の抱っこでの乗降りがしやすくなっています。

      3. 充実した安全性能

      スペーシアは、安全性能も充実しています。デュアルエアバッグ、ABS、EBD、ヒルホールドコントロールなどの安全装備が全車標準装備されています。また、オプションで衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなども装着できます。

      4. 燃費性能

      スペーシアは、燃費性能も優れています。WLTCモード燃費は25.1km/Lで、軽スーパーハイトワゴンの中ではトップレベルの燃費性能を誇ります。

      5. マイルドハイブリッド搭載

      スペーシアは、全車にマイルドハイブリッドシステムが搭載されています。これにより、燃費向上と環境性能の向上に貢献しています。

      その他の特徴

      • 豊富なシートアレンジで、様々な用途に対応可能
      • 荷室も広く、ベビーカーやキャンプ用品なども楽々積載可能
      • スズキコネクト搭載で、スマートフォンと連携した便利な機能を利用可能
      • 全車にLEDヘッドランプを標準装備
      • 5つのボディカラーから選ぶことができる

      スペーシアは、広々とした室内空間、使いやすいスライドドア、充実した安全性能、燃費性能、マイルドハイブリッド搭載など、魅力満載の軽スーパーハイトワゴンです。ファミリーカーやセカンドカーとして、多くの人に選ばれています。

      日産【ルークス】S

      https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/roox.html
      メーカー希望小売価格1,637,900円
      燃費(WLTCモード)20.9km/L

      日産ルークスは、2009年から販売されている軽スーパーハイトワゴンです。現行モデルは3代目で、2023年6月に発売されました。ルークスは、以下の5つの特徴で人気を集めています。

      1. 広々とした室内空間

      ルークスは、軽自動車とは思えないほど広い室内空間を備えています。天井が高く、開放感があります。また、後席の足元空間も広く、大人でも快適に乗車することができます。

      2. 使いやすいスライドドア

      ルークスは、両側にスライドドアを装備しています。これにより、狭い駐車場での乗り降りや、子供の抱っこでの乗降りがしやすくなっています。

      3. 充実した安全性能

      ルークスは、安全性能も充実しています。デュアルエアバッグ、ABS、EBD、ヒルホールドコントロールなどの安全装備が全車標準装備されています。また、オプションで衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなども装着できます。

      4. 燃費性能

      ルークスは、燃費性能も優れています。WLTCモード燃費は20.9km/Lで、軽スーパーハイトワゴンの中ではトップレベルの燃費性能を誇ります。

      その他の特徴

      • マイルドハイブリッドシステム搭載で、燃費向上に貢献
      • 独自の車載通信モジュール「NissanConnect」搭載で、スマートフォンと連携した便利な機能を利用可能
      • 2トーンカラーを含む、全9色(ハイウェイスターは11色)のボディカラーから選ぶことができる

      ルークスは、広々とした室内空間、使いやすいスライドドア、充実した安全性能、燃費性能、手頃な価格など、魅力満載の軽スーパーハイトワゴンです。ファミリーカーやセカンドカーとして、多くの人に選ばれています。

      三菱【デリカミニ】G

      https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_mini/index.html
      メーカー希望小売価格1,804,000円
      燃費(WLTCモード)20.9km/L

      三菱デリカミニは、2023年5月に発売された軽スーパーハイトワゴンです。アウトドア活動をテーマとした「DAILY ADVENTURE(日常に冒険を)」をコンセプトに開発されており、個性的なデザイン、広々とした室内空間、優れた悪路走破性、充実した安全性能など、魅力満載の1台です。

      1.個性的なデザイン

      デリカミニは、三菱自動車の伝統的なオフロードカー「デリカ」シリーズを彷彿とさせるデザインが特徴です。力強いフロントマスクと、高い車高が特徴で、街中でも目を引く存在感があります。

      2.広々とした室内空間

      デリカミニは、軽自動車とは思えないほど広い室内空間を備えています。天井が高く、開放感があります。また、後席の足元空間も広く、大人でも快適に乗車することができます。

      3.優れた悪路走破性

      デリカミニは、4WDシステムを搭載し、悪路でも安心して走行することができます。最低地上高も180mmと高く、段差なども乗り越えられます。

      4.充実した安全性能

      デリカミニは、安全性能も充実しています。デュアルエアバッグ、ABS、EBD、ヒルホールドコントロールなどの安全装備が全車標準装備されています。また、オプションで衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールなども装着できます。

      5.その他の特徴

      • マイルドハイブリッドシステム搭載で、燃費向上に貢献
      • 使いやすいスライドドア
      • 荷室も広く、アウトドア用品なども楽々積載可能
      • デリカミニ専用のアウトドア用品も充実
      • カラーバリエーション2トーンカラーを含めた全11色

      デリカミニは、個性的なデザイン、広々とした室内空間、優れた悪路走破性、充実した安全性能など、魅力満載の軽スーパーハイトワゴンです。アウトドア好きな人や、アクティブに活動する人におすすめの車と言えるでしょう。

      今回紹介したお車は全てパッションで購入が可能です。

      パッションではスズキ・ダイハツ・ニッサン・ホンダ・スバル・トヨタ・三菱・マツダ

      国内オールメーカー取り扱いしており、グループ在庫1,500台の中からお客様にピッタリな一台をご提案させていただいております。

      未使用車だけではなく新車の取り扱いもしておりますので

      お車探しはパッションにお任せください!

      ここで、パッションの最新情報を少しお届けします!

      ホームページの店舗一覧にも載っていますが

      国道19号線沿い、大型ショッピングモールの近く。

      未使用車専門店パッションは、現在、春日井・南大高(緑区)・豊田と愛知県に3店舗ありますが、
      この度、岐阜県に初進出になりました!岐阜県にお住いのみなさんよろしくお願いします。

      軽未使用車パッション 春日井店

      〒486-0968 愛知県春日井市味美町2-124-1

      TEL:0568-34-8486

      軽未使用車パッション 南大高店

      〒459-8013 愛知県名古屋市緑区高根山2-202

      TEL:052-622-8486

      軽自動車パッション 豊田店

      〒471-0849 愛知県豊田市美山町3-34-33

      TEL:0565-41-8445

      HP:https://kei-passion.com

      営業時間:10時~18時30分

      定休日:水曜日・木曜日

      未使用車とは

      自動車の分類では「新車」「中古車」この2種類しかありません。

      軽自動車メーカーが登録だけした走行距離が100キロ以内・登録期間が数ヵ月以内の中古車の事を

      「届出済未使用車」と呼んでいます。以前は「新古車」とも呼ばれていました。

      初めての車。何にする?

      2024.6.9  スタッフブログ 

      皆さん、こんにちは!
      愛知県名古屋市と春日井市と豊田市にある
      軽自動車の未使用車専門店パッションです。

      気が付けばもう6月…今年も半分終わっちゃいますね…
      新生活はいかがでしょうか??
      そろそろ車を買おうかな~なんて思ってませんか??
      もちろん思ってますよね!思って下さい!

      そこでパッションがオススメする
      初めての軽自動車の選び方をご紹介します。

      初めての車選びはワクワクする一方で、不安も大きいものです。今回は、後悔しないためのポイントなどを含め、パッションがオススメする初めての軽自動車の選び方をご紹介します。

      なんで初めての車に軽自動車がいいのでしょうか?

      A.普通車よりも車両本体価格や税金が安く、燃費が良い傾向があることや、小回りが利いて運転しやすいこと、また、近年は性能が上がり、居住性や安全性も向上していることがオススメの理由です。

      後悔しないための4つのポイント

      焦らない: 時間をかけてじっくり検討しましょう。
      情報を集める: インターネットやカー雑誌で情報収集しましょう。
      信頼できる販売店を選ぶ: 経験豊富な販売員いるに店舗(パッション)に相談しましょう。
      現物をしっかり見る: 実際にみて、乗り心地や視界などを確認しましょう。

      まずは車選びの軸を決めましょう
      何を重視するかですね。

      価格?見た目?使い勝手?安全性?

      全部大切ですが…

      今回はパッションがオススメする軽自動車を
      かなりポイント(重視する軸)に寄せて紹介します。

      価格・燃費重視

      「最初の車だし~、安いほうがいいんじぇね…」
      軽自動車は安さも魅力の1つ。

      ダイハツ ミライース

      低価格で低燃費といえばこの車。シンプルでシックなデザインなので、飽きかこ長く乗り続けられますね。コンパクトなのに室内は意外と広く、新シンプルで使いやすい操作パネルや、必要最小限の機能を備えたインテリアデザインもオススメです。上位グレードには、LEDヘッドランプ、アルミホイールなどが採用されており、より格好良さを感じられます。

      スズキ アルト

      なんといっても軽自動車の中でトップクラスの低燃費が最大の魅力。ガソリン代って年々高くなっていますからね。また小回りも利きやすく、駐車や街中での移動が非常にしやすいです。「気軽」「安心」「愛着」をコンセプトに、全体的に角が取れていて、丸みを帯びたやわらかいフォルムが優しさを感じさせ、愛着が湧くデザインですね
      また、操作パネルやインテリアデザインもシンプルでわかりやすく、初心者ドライバーなどに受け入れられています。

      かわいさ重視

      「車だって私みたいにかわいいほうがいいじゃん」
      「かわいい」それだけで気分も爆上がりしちゃうんじゃねー

      スズキ ラパン

      ウサギがトレードマークのかわちいお車。クルマをよく見てみるとあちこちにうさぎマークが隠れています。隠れウサギを見つけられた日はハッピーな一日になること間違いなし!
      丸みを帯びたフォルムや、特徴的なデザインのフロントグリルやまんまるヘッドライトなど、ユニークで個性的なルックスが人気ですね。四角い形状の中に丸い形を入れることによってシンプルで落ち着くデザインになってます。またアルトの姉妹?みたいな車なので、燃費も良いです。

      ダイハツ ムーヴキャンバス

      かわいい代表みたいな車ですね。丸みを帯びたフロントマスクや、大きなヘッドライトなど、全体的にレトロ調なデザインが特徴です。ストライプスとセオリーの2種類のスタイルがあり、オプションで自分好みの外観にカスタマイズすることも魅力の一つですね。ストライプは2トーンでかわいい!セオリーはメッキ調のピンストライプやメッキリヤバンパーモールがかわいい!
      また、スライドドアの車ということもあり、室内空間が広く開放感があります。特に、頭上空間が広いので、圧迫感を感じることなく快適に過ごすことができます。

      カッコよさ重視

      「クールに決めてクールに走るぜ!」
      見た目から決めることもぜんぜんありですよ。

      スズキ スペーシアカスタム

      洗練されたデザインが特徴で、シャープなラインと大型のメッキグリルが特徴的であり、シンプルながら存在感のあるデザイン。薄型のヘッドライトはカスタムらしい精悍さを演出していますね。
      位置や角度を調整することで、オットマンや脚のサポート、荷物の落下防止といった様々な機能がついているマルチユースフラップが最高!
      存在感のあるエクステリアと細部までこだわったインテリリアは上質で華やかですね。高級志向のあなたにもご満足いただけるお車です。

      ホンダ NBOXカスタム

      独創的なフロントグリルやライトデザインがスタイリッシュで、路上で目を引く存在ですね。特に、フロントグリルやヘッドライトの形状、ボディのラインなど、細部にまでこだわったデザインが魅力的です。売れている車のカスタムモデル、間違いないです。内装デザインをさらにグレードアップしたい方には「コーディネートスタイル」がおすすめです。ブラックカラーが基調であることは変わりませんが、一部にアクセントカラーのボルドー塗装をあしらうことにより、より洗練された印象を受けるでしょう。シートは滑らかな質感が心地よいフルプライムスムースシートを採用することにより、上質さをプラスしています。たVモーションが特徴でスタイリッシュなデザインになっています。

      広さ重視

      「のびのび運転したいし、荷物のいっぱいのせたいし、みんなでお出かけしたいし…」
      使い勝手の良さも大事ですね。いろんなシーンで大活躍!

      ホンダNBOX

      軽自動車といえば「NBOX」と言われるほど圧倒的な人気者。低床フロア」を採用しており、荷物を積み下ろす時や自転車を車内に積み込む時に体の負担を最低限に抑えて荷下ろしができます。また、チップアップ&ダイブダウン機能付きスライドシートのため、シートの跳ね上げやフラットなど様々なアレンジが可能です。

      ダイハツ タント

      なんといってもミラクルオープンドア。高い天井や広い窓面積が確保されており、乗員は快適な室内空間を楽しむことができます。また、リアシートのスライドやリクライニング、フラット化など、多彩なシートアレンジが可能で、荷物の積載や快適な乗車が可能です。

      安全性重視

      「安全第一!先進的な機能で安心したい」
      やっぱり最新機能に守られてるって安心ですよね。

      日産 デイズ・ルークス

      先進的な安全装備や快適装備が充実していますね。
      高速道路での自動運転技術である「プロパイロット」が搭載されているんです。
      また安全性能だけでなく、デザインも素晴らしいんです。
      デイズはラジエーターグリルを一新した、デジタル・Vモーショングリルが印象的。
      ルークスは先進的に進化したVモーションが特徴でスタイリッシュなデザインになっています。

      個性で勝負!!

      「自分大好き!我が道を行くぜ!」
      個性的なルックスが魅力的ですね。

      ホンダ N-ONE

      キュートで個性的な外観が特徴です。丸みを帯びたフォルムや、愛らしい表情を持つフロントグリルなど、ユニークなデザインが人気を集めています。台形フォルムを進化させたスタイルで、飽きずに長く乗ることができるデザインですね。ヘッドライトは丸目で可愛らしく、リアコンビネーションランプは四角いダブルリングが特徴的です。シンプルで愛らしいスタイルの【Original】・上質で洗練されたスタイルの【Premiumu】とスポーティーなスタイル【RS】どのスタイルも個性的なスタイルで迷っちゃいますね。

      三菱 EKクロス

      アウトドア志向のデザインが特徴的です。ラゲッジルーフやワイドボディキット、大型ホイールアーチなど、力強い外観が印象的です。また、アグレッシブなフロントグリルやヘッドランプも特徴的で、都市部でも存在感を放ちます。一度見たら忘れないお顔ですよね。

      アウトドアライフ重視

      「キャンプにスノボ!ガンガン積んで遊びまくるぜ!!」
      流行りのクロスオーバーSUV、おしゃれでいいですよね。

      ダイハツ タフト

      力強くアグレッシブな外観が特徴的です。大きなフロントグリルやワイドなボディが、頑丈さとスポーティなイメージを演出しています。また、フロントやリアのスキッドプレートなどのアクセントがオフロード志向を強調しています。忘れちゃいけない、スカイフィールトップ。最高のドライブができるかも。星空も見えちゃいます。←あっ運転中は見ないでね。

      スズキ ハスラー

      個性的な外観が特徴であり、他の車とは一線を画しています。特徴的なフロントグリルやボディの角ばった形状、アグレッシブなボディラインが、都市部でも目を引く存在感を持っています。また、カラフルなカラーバリエーションも豊富で、個性を表現することができます。またハイブリッドで低燃費も魅力の一つですね。

      三菱 デリカミニ

      形はスライドドアの軽ハイトワゴンですが、デリカゆずりのタフで力強いデザインと愛くるしい半円形のLEDポジションランプが特徴的です。フロントバンパーとテールゲートガーニッシュには立体的な「DELICA」ロゴがあり、かっこいいですね。前後バンパー下部にプロテクト感のあるスキッドプレート形状、ブラックのホイールアーチを採用し、SUVらしい力強さと高い質感を表現しています。

      ジムニー重視?

      「もちろんジムニー1択でしょ!」
      唯一無二の本格四輪駆動オフロード軽自動車。

      スズキ ジムニー

      車両の姿勢や状況を把握しやすいスクエアなボディは、狭い道や悪路において視界がよく車両感覚が掴みやすくなっています。愛くるしい大きな丸目のヘッドライトもポイント。

      いかがでしょうか
      少し偏った目線で紹介させて頂きました。
      もちろんポイントが重なるお車もあるので、実物を見て頂くことが一番ですね。

      パッションでは上記で紹介した車はぜ~んぶ取り扱ております。
      ここで紹介できなかったお車もたくさんありますよ
      ただ在庫状況は日々変わりますので、問合せしてくださいね。

      また、パッション公式Youtubeにて
      いろいろなお車を紹介しておりますので
      車選びの参考にしていただけると嬉しいです。

      パッションではスズキ・ダイハツ・ニッサン・ホンダ・スバル・トヨタ・三菱・マツダ
      国内オールメーカー取り扱いしており、グループ在庫1,500台の中からお客様にピッタリな一台をご提案させていただいております。ナビゲーションやETCやドライブレコーダーなども数多くありますのでお客様にあった1台をご提案させていただきます。
      未使用車だけではなく新車の取り扱いもしておりますので
      お車探しはパッションにお任せください!

      パッションならお車の購入から保険・コーティング・メンテナンス・車検までお車の事ぜーんぶできます。初めてのクルマライフを全力でサポートさせて頂きます。

      以上です・・・・って言いたいところですが~

      ここで、パッションの最新情報を少しお届けします!

      ホームページの店舗一覧にも載っていますが

      パッション土岐店が7月13日(金)にグランドオープンしま~す! パチパチパチ
      国道19号線沿い、大型ショッピングモールの近く。

      未使用車専門店パッションは、現在、春日井・南大高(緑区)・豊田と愛知県に3店舗ありますが、
      この度、岐阜県に初進出になりました!岐阜県にお住いのみなさんよろしくお願いします。

      以上、オススメのお車と新店舗のご案内でしたー!

      軽未使用車パッション 春日井店

      〒486-0968 愛知県春日井市味美町2-124-1

      TEL:0568-34-8486

      軽未使用車パッション 南大高店

      〒459-8013 愛知県名古屋市緑区高根山2-202

      TEL:052-622-8486

      軽自動車パッション 豊田店

      〒471-0849 愛知県豊田市美山町3-34-33

      TEL:0565-41-8445

      HP:https://kei-passion.com

      営業時間:10時~18時30分

      定休日:水曜日・木曜日

      未使用車とは

      自動車の分類では「新車」「中古車」この2種類しかありません。

      軽自動車メーカーが登録だけした走行距離が100キロ以内・登録期間が数ヵ月以内の中古車の事を

      「届出済未使用車」と呼んでいます。以前は「新古車」とも呼ばれていました。

      軽自動車の乗り換えタイミングっていつ?

      2024.5.25  スタッフブログ 

      皆さん、こんにちは!

      愛知県名古屋市と春日井市と豊田市にある

      軽自動車の未使用車専門店パッションです。

      自動車を乗っている皆さん

      いつどのタイミングで乗換をしていますか?

      ・家族が増えて乗り換える人

      ・趣味のために乗り換える人

      など生活に変化があった乗り換える人もいます!

      ・事故によって乗り換える人

      ・故障によって乗り換える人

      など自動車に良くないきっかけで乗り換える人もいるかもしれません!

      自動車の乗り換えは、生活の変化や良きもしないタイミングなどあれば乗り換えを決断したやすいと思います

      それ以外だと乗り換えするタイミングは難しいです

      私達も問い合わせで「乗り換えするのはいつがいいの?」と多く頂きます

      今回は乗り換えタイミングについてお伝えしようと思います

      軽自動車の現状

      ①使用実態

      一般社団法人 日本自動車工業会が2023年に軽自動車の使用実態について調査した結果を元にまとめました

      ・軽自動車の使用と購買実態

      軽乗用系のユーザーは60代以上と女性が中心となっている。「ほどんど毎日」使う人が減少傾向になっている。燃費については6割強のユーザーが満足をしている。

      軽キャブバンは主用途は「乗用用途」が増加している。使用用途では、商品の仕入れ・納入や通勤・通学での使用割合が上昇している。

      軽トラックのユーザーは「男性」が約9割、「60代以上」が7割を占める。世帯年収は増加している。

      使用頻度は「ほとんど毎日」が減収傾向で主に「農用用途」が増加傾向になっています。

      ・軽自動車の存在意義

      軽自動車は公共交通機関が不便な人口密度の低い地方部に多く普及しています。

      人口密度が低くなるほど公共交通機関を利用する機会が少なく、車を利用する割合が高くなる。生活の中で軽自動車の役割は人口密度が低くなるほど大きな役割になっている。

      軽自動車ユーザーの約4割を占める高齢者の軽自動車の利用は日常の買い物や病院への通院・送迎が中心となっている。60代以上の約9割は軽自動車から普通車に変えると不都合が発生し、約4割は車の維持が困難となる。

      軽自動車ユーザーの6割強を占めるのは女性であり使用頻度も高くなっている。日常の買物や友人・知人への訪問等様々な用途を使っている。50代以下の女性ユーザーでは8割が有職者である。

      ・安全技術に対するユーザー意識

      「衝突被害軽減ブレーキ」「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」「後側方衝突防止支援システム」は魅力度も装着意向も高い。「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」は60代以上での装着意向が高い。

      「衝突被害軽減ブレーキ」「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」は4割以上が追加費用ありでも装着を意向している。

      参照情報

      https://www.jama.or.jp/

      ②使用平均年数

      軽自動車の平均使用年数は年々伸びています。

      統計資料がある2005年から見てくると以下のようになります

      (各年の永久返納車両)単位:年

      2023 年 15.82
      2022 年 15.83
      2021 年 15.57
      2020 年 15.20
      2019 年 14.92
      2018 年 14.73
      2017 年 14.55
      2016 年 14.36
      2015 年 14.03
      2014 年 13.83
      2013 年 13.58
      2012 年 13.20
      2011 年 12.61
      2010 年 13.12
      2009 年 12.76
      2008 年 12.47
      2007 年 12.22
      2006 年 11.88
      2005 年 11.49

      参照情報

      https://www.keikenkyo.or.jp/information/statistics/average_data.html

      2005年の時点では11.49でしたが2023年では15.82と約4年伸びています。

      伸びている要因としては以下が考えらます!!

      ・技術革新による性能の向上

      エンジンについては軽量で高効率なエンジンが開発されたため、燃費性能と耐久性の向上

      ボディについては高張力鋼板や樹脂素材の使用により、ボディ剛性と耐腐食性が向上しました。フレーム構造の進化や防錆処理技術の進歩も、ボディの耐久性を高めています。

      安全性は衝突安全性能や予防安全機能が飛躍的に向上しました。
      エアバッグやABS、ESPなどの標準装備化に加え、近年では自動ブレーキや車線逸脱警報システムなども普及しています。


      快適性能:は静粛性や乗り心地が向上し、長距離走行でも快適になりました。遮音材の使用やサスペンションの改良、エアコン性能の向上などが快適性を高めています。

      ・アフターサービスの充実

      近年、販売店では購入時にメンテナンスプランなどを提案することが増え利用するユーザーが増えています。そのため以前に比べると日頃のメンテナンスをしっかりユーザーが多いため故障する前に直すことも多くなっています。販売店だけではなく整備工場を併設した店舗も増えているためユーザーの利用便が高まっています。

      ・物価上昇の影響

      一般社団法人 日本自動車工業会の2023年度軽自動車の使用実態調査(WEB調査)によると直近1年間の軽自動車購入検討者の購入行動について45%が「購入を延期、断念した」と回答した。購入検討から行動が変わった人のうち7割が「物価上昇が影響している」と回答しました。

      参照

      https://www.jama.or.jp/

      近年、物価高騰に加え軽自動車の技術の向上に伴って車両価格の高騰につながっています。そのため購入検討から乗り続ける選択をするユーザーさんも増えています。

      軽自動車販売台数NO.1のNBOXを見ると10年前は1,275,326円だった本体価格が現在は1,648,900円と差額が373,574円となっています。値段の高騰は物価・人件費の高騰に加えて、技術向上に伴った装備の充実も影響しています。10年前にはなかった衝突軽減ブレーキ・アダクティブクルーズコントロールなどがあります。

      本体価格の値段高騰している中で日本の平均年収は10年前に比べて増えています。平成24年が408万円、令和3年が443万円と35万円増加しています。物価が高騰している中で平均年収と軽自動車の高騰を見ても年収アップは同じぐらいのため軽自動車購入検討から乗り続ける選択へつながっています。

      軽自動車は購入するタイミング

      軽自動車の技術向上に伴い、耐久性が強く、安全技術の向上によって長く乗れる車となっています。

      昨今、物価高騰による生活費の高騰と自動車販売価格の高騰によって購入するハードルが高くなっています。

      購入検討のタイミングのポイントをお伝えします。

      ①好きな車・カラーがある時

      1番は自分が欲しいと思った車やカラーがある時は購入するべきタイミングであります。車を購入する中で好きな形や色を基準に選ぶ人が多いです。自宅に普段止めているため自分の車を見る事になります。その際に好みの車を見る事で気分で良くなり楽しいカーライフになると思います。

      車は年々マイナーチェンジやフルモデルチェンジがあります。特にマイナーチェンジの際にカラーの変更が多くあります。直近では、ハスラーのマイナーチェンジでカラー変更がありました。「あのカラーがいいなー」と思っていたらもう新車で買えない!!!!ってこともあります。ぜひ自分好みの車に出会ったら購入検討しましょう!!!!

      ②メーカー保証が終了した際

      新車の車両にはメーカー保証がついてます。最大5年の保証になるため5年が経ったタイミングで乗り換え検討がおすすめです。新車から5年間はメーカー保証で対応できるため修理があった際、費用がかからないこともあります。メーカー保証が終了すると実費で修理が必要になるため、メンテナンス費用を抑えるポイントになります。新車から5年のタイミングは③で紹介する相場もポイントになります

      ③リセールバリューが高い時

      リセールバリューとは今乗っている車を手放す際の買取や下取りの価値のこと

      車の価値は年式や走行距離などによって大きく値段が変わります。それと車のモデルチェンジや世界情勢によっても大きく変わります。近年では半導体不足によって新車の納期が長期化したことによって納期が間に合わない人が中古車を求めたことによって中古相場が高騰しました。中古市場が高騰することで買取価格も高騰しました。乗っている車が高価買取になる際は乗り換えがおすすめです。

      リセールバリューが高い時期としては新車から5年~7年が多いです。

      ④ローンの返済が完済した時

      ローンを利用している方で支払いが終わった場合も購入検討のタイミングになります。5年以上でローンを組んでる場合はぜひ完済のタイミングで乗換検討がおすすめです。その理由としては②であった保証期間が終了していることや③のリセールバリュー高騰などローンの返済したタイミングで合う場合は検討してみましょう。

      ⑤修理費用が増えてきた時

      自動車を日々維持している中でメンテナンスは欠かせません。新車からすぐはオイル交換やエレメント交換など費用としては少なく済みます。年数が経過するとタイヤ交換、バッテリー交換、ベルト交換など費用がかかるメンテナンスが増えてきます。その際には購入検討おすすめです。メンテナンス自体も物価高騰で値上げになっているためそれも考慮すると良いでしょう。

      ⑥車検のタイミング

      車検は新車から3年目(貨物を除く)とそれ以降2年に1回車検を迎えます。車検では法定費用に加えてメンテナンスもかかるため出費として大きな金額になります。その車検を受ける前に乗り換え検討がおすすめです。その際は納期に余裕を持った行動が大切です。

      ⑦新機能に魅力を感じた時

      新機能は毎年メーカーが開発して出ています。現在では当たり前の衝突軽減ブレーキやコーナーセンサーは少し前ではない機能でした。安全を向上させる機能に魅力を感じた際はぜひ購入検討がおすすめです。近年では、ホンダセンシングやプロパイロットなど半自動運転機能も充実しています。長距離ドライブなどで必要と感じた際もぜひ検討していただければと思います。

      近年は新車値段高騰になっているため買い替えるハードルは高くなっています。新車値段高騰に比例して中古相場も高騰しています。パッションでは下取りの高価買取を行っているのと高騰する新車とメンテナンスを抑える方法で残価クレジットをおすすめです!!!!

      パッションのおすすめ

      ①下取りの高騰

      中古車オークション相場は近年値段が高騰しています。コロナ前に比べると値段が高騰してます。2020年にあったコロナウイルスによる緊急事態宣言、2022年のウクライナの戦争開始、2023年の大手中古車販売店の不正発覚、某メーカー不正発覚など多くの影響によって中古相場が上がっています。下取りが高いうちに乗り換えがおすすめです。

      ②残価クレジット

      現在新車販売価格の高騰やオプション品の高騰など購入時に必要な金額が増えています。月々払いも金額が上がってしまいます。パッションでは月々支払いを抑えるために残価クレジットをおすすめしています。金利は2.9%で低金利のため費用を抑える事も可能。パッションでは販売時メンテナンスプランをお得に販売しています。お得な理由としてはプランで購入いただくと通常価格より値段が下がっていることと今後も人件費高騰や物価高騰で予想される値上げの影響を受けることがないなどあります。

      残価クレジットには3年(37回)・5年(61回)・7年(85回)のプランを用意【貨物を除く】

      残価クレジットは支払いを抑えるだけではなく以下のメリットもあります

      ・支払い満期時に選べるプラン

      支払い満期時は、残りの支払いを選べることができます。一括して乗り続ける・再度分割で乗り続けると乗り続ける方法も2つのパターンがあります。おすすめとしては乗り換えです。5年や7年の場合は下取りとしての価値も高いです。手放す際の下取り価格に期待ができます。技術も向上しているためより快適なカーライフを送ることもできます。場合によっては支払い額が変わらず新型車に乗れることも!?

      ・ライフスタイルに合わせて乗る

      人生の中で家族が増えたり、介護など生活に変化がある際、自動車の用途も変わります。すると乗り換えも必要になることがあります。残価クレジットの場合、支払い期間の満期がくるとどうするか考えることができます。将来に変化があるか可能性の人は検討してみてください。

      パッションでは軽自動車の未使用車の残価クレジットが人気です

      詳細はこちらをご覧ください!!!!

      ▶残価設定型ローン

      軽自動車を乗り換えどうするか悩んでいる方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

      パッションでは軽自動車の国内オールメーカー取り扱い中です。実際に乗って比べることもできます。

      迷ってらまずパッションへお越しください。カーライフアドバイザーがお客様にあった1台をご提案させていただきます。車の販売だけではなく整備・鈑金そして保険などカーライフに関することは何でもご相談ください!!

      軽未使用車パッション 春日井店

      〒486-0968 愛知県春日井市味美町2-124-1

      TEL:0568-34-8486

      軽未使用車パッション 南大高店

      〒459-8013 愛知県名古屋市緑区高根山2-202

      TEL:052-622-8486

      軽自動車パッション 豊田店

      〒471-0849 愛知県豊田市美山町3-34-33

      TEL:0565-41-8445

      HP:https://kei-passion.com

      営業時間:10時~18時30分

      定休日:水曜日・木曜日

      未使用車とは

      自動車の分類では「新車」「中古車」この2種類しかありません。

      軽自動車メーカーが登録だけした走行距離が100キロ以内・登録期間が数ヵ月以内の中古車の事を

      「届出済未使用車」と呼んでいます。以前は「新古車」とも呼ばれていました。

      軽自動車と普通車は何がちがう?サイズ、維持費など比較します!おすすめ車種もご紹介

      2024.5.19  スタッフブログ 

      皆さん、こんにちは!

      愛知県名古屋市と春日井市と豊田市にある

      軽自動車の未使用車専門店パッションです。

      近年では街の至るところで軽自動車を見かけます。

      それもそのはず、安全性能や装備が普通車に負けを劣らず且つ経済的(とされている)軽自動車に乗り換えや検討する人が増えています。

      実際に今、日本で一番売れている車はホンダのNBOXなんてよく耳にする方も多いのではないでしょうか?

      「普通車か軽自動車かどっちにしようか迷っている」という方も多いと思います。

      そこで今回の記事は普通車と軽自動車の比較だけではなく、どんな人におすすめか目的や用途に応じて解説していきます。

      普通車とは、日本の道路運送車両法で定められた、軽自動車を除いた全ての自動車を指します。

      普通車の分類

      普通車は、以下の3種類に分類されます。

      小型自動車: 車両総重量3.5t未満、最大積載量2t未満、乗車定員10人以下の自動車

      大型自動車: 車両総重量8t以上、最大積載量5t以上、乗車定員30人以下の自動車

      中型自動車: 小型自動車と大型自動車の中間の規格の自動車

      このうち、一般的に「普通車」と呼ばれるのは、小型自動車のことを指します。

      軽自動車は、日本の道路運送車両法で定められた、最も小さい規格の自動車です。

      軽自動車の規格

      全長: 3.4m以下

      全幅: 1.48m以下

      全高: 2.0m以下

      排気量: 660cc以下

      定員: 4名以下

      軽自動車は、日本独自の規格であり、海外では見られません。

      軽自動車の歴史

      軽自動車は、戦後の復興期に、国民のモータリゼーションを促進するために制定されました。当時は、現在の軽自動車よりもかなり小さく、簡素な造りのものが多かったようです。

      その後、軽自動車の規格は何度か改定され、現在に至っています。近年では、軽自動車の技術も向上し、安全性や快適性も大きく向上しています。

      サイズ

      軽自動車: 全長3.4m以下、全幅1.6m以下、全高2.0m以下、排気量660cc以下

      普通車: 上記の制限なし

      軽自動車は普通車よりも小さく、狭い道でも運転しやすく、駐車もしやすいです。一方、普通車は車内空間が広く、大人数で乗車したり、荷物をたくさん積んだりすることができます。

      普通車と軽自動車のサイズの比較

      軽自動車と普通車は、それぞれ以下のようなサイズの制限があります。

      項目普通車軽自動車
      全長制限なし3.40m以下
      全幅制限なし1.48m以下
      全高制限なし2.00m以下
      排気量制限なし660cc以下

      具体例

       

      軽自動車のセダンタイプのダイハツミライースのサイズは、全長3,395mm、全幅1,475mm、全高1,500mmです。

      普通車の中で小型の車種であるトヨタ・アクアのサイズは、全長4050mm、全幅1,695mm、全高1,505mmです。

      普通車の中で大型の車種であるトヨタ・ランドクルーザープラドのサイズは、全長4,825mm、全幅1,885mm、全高1,835mmです。

      このように、軽自動車は全長、全幅、全高の全てにおいて、普通車よりも小さいサイズ制限があります。

       

      軽自動車と普通車のサイズの差による違い

      軽自動車と普通車のサイズの差は、以下のような違いを生み出します。

       

      車内空間: 軽自動車は普通車よりも車内空間が狭く、大人数で乗車したり、荷物をたくさん積んだりするのには不向きです。

      取り回し: 軽自動車は普通車よりも車体が小さいため、狭い道でも運転しやすく、駐車もしやすいです。

      燃費: 軽自動車は普通車よりも車体が小さく軽いため、一般的に燃費が良いとされています。

      安全性: 軽自動車は普通車よりも車体が小さく軽いため、衝突安全性などでは普通車に劣ると言われています。

      価格: 軽自動車は普通車よりも車両価格が安い傾向があります。

      税金: 軽自動車は自動車税や軽自動車税など、税金が安いです。

       

      燃費

      軽自動車は一般的に普通車よりも燃費が良いとされています。

      ※ただし、近年では燃費性能の高い普通車も増えています。

       

      理由

      車体が小さい・軽い: 軽自動車は普通車よりも車体が小さく軽いため、同じ距離を走るのに必要なエネルギーが少なくなります。

      エンジン排気量が小さい: 軽自動車のエンジン排気量は660cc以下と決まっており、普通車よりも小さく軽いため、燃費向上に貢献します。

      低速走行に適している: 軽自動車は低速走行に適しており、街乗りなどの短距離走行が多い場合は、燃費の良さが顕著になります。

      ただし、以下の点に注意する必要があります。

       

      高速道路での走行: 高速道路での走行では、軽自動車はエンジン回転数が高くなり、燃費が悪くなります。一方、普通車はエンジン回転数が高くなっても燃費が比較的安定するため、高速道路での走行では軽自動車よりも燃費が良くなる場合があります。

      積載量: 軽自動車は車体が小さいため、積載量が少ないです。荷物をたくさん積むと燃費が悪くなります。

      エアコンの使用: エアコンを使用すると、燃費が悪くなります。軽自動車は車内空間が小さいため、エアコンの影響を受けやすいです。

       

      軽自動車と普通車の例(ガソリン車)

       

      軽自動車:

      スズキ スペーシア (WLTCモード燃費: 25.1km/L)

      ニッサン デイズ (WLTCモード燃費:23.2km/L)

      ダイハツ ミライース (WLTCモード燃費: 25.0km/L)

      普通車:

      トヨタ ライズ(WLTCモード燃費:20.7km/L)

      ホンダ フリード WLTCモード燃費:20.9km/L)

      マツダ CX5 (WLTCモード燃費: 14.6km/L)

       

      ハイブリッド車になると普通車でもかなり燃費はよくなります。

      トヨタのヤリスハイブリッドだとWLTCモードが35.4km/Lと驚異の数字です!

      距離をかなり乗る方はコンパクトカーのハイブリッド車がオススメです。

       

      ※燃費は、車種だけでなく、運転方法や道路状況によっても大きく左右されます。

      価格

       

      軽自動車は普通車よりも車両価格が安い傾向があります。これは、車体が小さいため部品点数や製造工程が少なくなること、税金が安いことが理由です。

      ただし、近年では装備が充実した軽自動車も多く発売されており、価格差は縮小傾向にあります。

       

      具体的な価格帯

       

      軽自動車: 新車価格は約100万円~150万円が主流ですが、近年では200万円を超える車種も登場しています。

      普通車: 車種によって差が大きいため一概には言えませんが、コンパクトカーの場合は約150万円~300万円、ミニバンは約300万円~700万円が相場です。

      軽自動車と普通車の価格差を比較した例

      車種メーカー希望小売価格排気量
      スズキ【アルト】1,064,800円660cc
      トヨタ【ヤリス】1,501,000円1000cc
      ホンダ【ステップワゴン】3,053,600円1500cc

      維持費

      ▼普通車

      自動車税: 排気量によって異なりますが、一般的には年間3万円~12万円程度かかります。※図表参照

      重量税: 車両重量によって異なりますが、一般的には3年ごとに4万円~8万円程度かかります。

      ガソリン代: 年間走行距離や燃費によって異なりますが、一般的には約810万円程度かかります。

      車検代: 2年に1回、約8万円程度かかります。

      任意保険料: 車両保険の有無や補償内容によって異なりますが、一般的には年間35,000100,000円程度かかります。

      メンテナンス費用: 車種や走行距離によって異なりますが、一般的には年間3万円程度かかります。

      駐車場代: 駐車場を借りている場合は、月額5,00010,000円程度かかります。

      ▼軽自動車

      自動車税: 毎年10,800円がかかります。

      ガソリン代: 年間走行距離や燃費によって異なりますが、一般的には約67万円程度かかります。

      車検代: 2年に1回、約7万円程度かかります。

      任意保険料: 車両保険の有無や補償内容によって異なりますが、一般的には年間25,00080,000円程度かかります。

      メンテナンス費用: 車種や走行距離によって異なりますが、一般的には年間2万円程度かかります。

      安全性

      軽自動車は近年安全性能が向上していますが、車体が小さいことやエンジン出力などが限られるため、衝突安全性などでは普通車に劣ると言われています。

      ただし、近年発売されている軽自動車の中には、普通車と同等の安全性能を備えたものもあります。

      ▼普通車の安全性の特徴

      車体が大きく重い: 衝突時に衝撃を吸収する能力が高く、乗員の受伤リスクが低い。

      衝突安全性能: 衝突時の衝撃を吸収するボディ構造や、衝撃から乗員を守るエアバッグなどの安全装備が充実している。

      予防安全性能: 衝突を回避するための自動ブレーキや車線逸脱警報などの予防安全装備が、近年搭載車種が増えている。

      近年では、以下のような先進安全運転支援システム(ADAS)を搭載した車種も増えています。

       

      アダプティブクルーズコントロール: 前方の車との車間距離を自動的に保ちながら走行するシステム。

      車線維持支援システム: 車線を逸脱しそうになると、ハンドル操作で車線を維持するシステム。

      自動緊急ブレーキ: 前方の車や歩行者との衝突リスクを検知し、自動的にブレーキをかけるシステム。

      ▼軽自動車の安全性の課題

      車体が小さい・軽い: 衝突時に衝撃を吸収する能力が低く、乗員が受伤するリスクが高い。

      衝突安全性能: 衝突時の衝撃を吸収するボディ構造や、衝撃から乗員を守るエアバッグなどの安全装備が、普通車に比べて劣る。

      予防安全性能: 衝突を回避するための自動ブレーキや車線逸脱警報などの予防安全装備が、近年搭載車種が増えているが、普及率は依然として低い。

      軽自動車の安全性を向上させるための取り組み

       

      衝突安全性能の向上: ボディ構造の強化や、衝撃吸収材の使用などにより、衝突時の衝撃を吸収する能力を向上させている。

      予防安全性能の充実: 自動ブレーキや車線逸脱警報などの予防安全装備を標準搭載する車種が増えている。

      安全運転の啓蒙: 国土交通省や自動車メーカーなどは、安全運転の重要性を啓蒙するキャンペーンなどを実施している。

       

      ▼普通車

      普通車は、軽自動車よりも車体が大きく、安全性能が高い、燃費が良い、荷物がたくさん積める、長距離運転に適しているなどのメリットがあります。

      具体的には、以下のような人におすすめです。

       

      家族が多い人: 広い車内空間で、子供や荷物をゆったりと載せることができます。

      長距離運転をよくする人: 疲れにくく、快適な乗り心地です。

      荷物をたくさん積む必要がある人: トランクや荷室が広いので、ゴルフバッグやキャンプ道具などの大きな荷物も楽々積むことができます。

      安全性が高い車を求める人: 衝突安全性能や予防安全性能が充実している車種が多いです。

      高速道路をよく利用する人: 高速道路での安定性が高く、快適な運転を楽しむことができます。

      また、近年では、以下のようなニーズを持つ人にも普通車がおすすめです。

       

      燃費性能の高い車を求める人: ハイブリッド車やクリーンディーゼル車など、燃費性能の高い車種が増えています。

      自動運転技術に興味がある人: 自動運転レベル2機能を搭載した車種も登場しています。

      個性を重視する人: 輸入車や個性的なデザインの車種も豊富です。

       

      ▼軽自動車

      一人暮らしの人: 広い車内空間は必要なく、小回りが利く軽自動車が便利です。

      運転初心者: 車体が小さく運転しやすいので、運転初心者でも安心です。

      街乗りが多い人: 燃費が良く、小回りが利くので、街乗りにおすすめです。

      駐車場が狭い人: 軽自動車は駐車スペースが小さいので、駐車場が狭い人でも安心です。

      セカンドカーとして利用する人: 車両価格や維持費が安いので、セカンドカーとして利用するのに最適です。

      また、近年では、以下のようなニーズを持つ人にも軽自動車がおすすめです。

       

      安全性能の高い車を求める人: 衝突安全性能や予防安全性能が向上した車種も増えています。

      燃費性能の高い車を求める人: ハイブリッド車やターボ車など、燃費性能の高い車種も登場しています。

      デザイン性の高い車を求める人: 個性的なデザインの軽自動車も豊富です。

      一人で乗る、通勤で距離を乗る人

      スズキ【アルト】

      アルトの良いところは、何と言ってもその価格の安さ燃費の良さす。新車の価格は、100万円台から購入することができます。また、燃費も良く、WLTCモード27.7km/L(ハイブリッドx)となっています。

      さらに、アルトは取り回しが良く狭い道でも運転しやすい車です。車体も軽いため、駐車も簡単です。

      また、近年発売された新型アルトは、安全性能も向上しています。デュアルブレーキサポートや後退時ブレーキサポートなどの機能が標準搭載されています。

      具体的には、以下のような点が評価されています。

      • 価格が安い: 新車の価格は、80万円台から購入することができます。
      • 燃費が良い: JC08モード燃費は35.2km/Lとなっています。
      • 取り回しが良く: 狭い道でも運転しやすい車です。
      • 駐車しやすい: 車体も軽いため、駐車も簡単です。
      • 安全性能が高い: デュアルブレーキサポートや後退時ブレーキサポートなどの機能が標準搭載されています。
      • デザインがオシャレ: 近年発売された新型アルトは、丸みを帯びたデザインで、オシャレな印象があります。
      • カラーバリエーションが豊富: 全10色のカラーバリエーションが用意されています。

      家族で乗る

      ホンダ【NBOX】

      N-BOXは、ホンダが販売する軽自動車です。2011年に発売以来、常に軽自動車販売台数トップクラスの人気を誇る大ヒットモデルです。

      N-BOXの良いところは、何と言ってもその広い室内空間です。軽自動車とは思えないほど広々とした車内空間は、大人4人がゆったりと乗ることができます。また、荷室も広いため、家族旅行やキャンプなどのレジャーにも最適です。

      具体的には、以下のような点が評価されています。

      • 広い室内空間: 軽自動車とは思えないほど広々とした車内空間は、大人4人がゆったりと乗ることができます。
      • 荷室が広い: 荷室も広いため、家族旅行やキャンプなどのレジャーにも最適です。
      • 燃費が良い: JC08モード燃費は27.2km/L~32.2km/Lとなっています。
      • 取り回しが良く: 運転しやすい車です。
      • 安全性能が高い: ホンダセンシングなどの先進安全運転支援システムが搭載されています。
      • 乗り心地が良い: サスペンションが柔らかく、乗り心地が良いです。
      • 収納スペースが多い: グローブボックスやドアポケットなど、収納スペースが多いです。
      • オプションが豊富: 自分の好みに合わせて、様々なオプションを装備することができます。

      **N-BOXは、広い室内空間、荷室、燃費、取り回しの良さ、安全性能、乗り心地、収納スペースの多さ、オプションの豊富さなど、軽自動車として非常に優れた車です。

      趣味で使う

      ダイハツ【アトレー】

      アトレーは、ダイハツ工業が販売する軽1BOX車です。1999年に発売以来、現在まで20年以上愛され続けているロングセラーモデルです。

      アトレーは、広い室内空間使い勝手の良い荷室が特徴です。軽自動車とは思えないほど広々とした車内空間は、大人4人がゆったりと乗ることができます。また、荷室も広いため、家族旅行やキャンプなどのレジャーにも最適です。

      アトレーの良いところは、以下のような点が挙げられます。

      • 広い室内空間: 軽自動車とは思えないほど広々とした車内空間は、大人4人がゆったりと乗ることができます。
      • 使い勝手の良い荷室: 荷室も広いため、家族旅行やキャンプなどのレジャーにも最適です。
      • 豊富なオプション: 自分の好みに合わせて、様々なオプションを装備することができます。
      • 4WD車: 4WD車も用意されているので、雪道や悪路でも安心です。
      • 取り回しが良く: 運転しやすい車です。
      • 安全性能が高い: スマートアシストなどの先進安全運転支援システムが搭載されています。

      **アトレーは、広い室内空間、使い勝手の良い荷室、豊富なオプション、4WD車、燃費の良さ、取り回しの良さ、安全性能の高さなど、軽1BOX車として非常に優れた車です。

      軽自動車を買うならパッションへ

      今回紹介したお車は全てパッションで購入が可能です。

      パッションではスズキ・ダイハツ・ニッサン・ホンダ・スバル・トヨタ・三菱・マツダ

      国内オールメーカー取り扱いしており、グループ在庫1,500台の中からお客様にピッタリな一台をご提案させていただいております。

      未使用車だけではなく新車の取り扱いもしておりますので

      お車探しはパッションにお任せください!

      軽未使用車パッション 春日井店

      〒486-0968 愛知県春日井市味美町2-124-1

      TEL:0568-34-8486

      軽未使用車パッション 南大高店

      〒459-8013 愛知県名古屋市緑区高根山2-202

      TEL:052-622-8486

      軽自動車パッション 豊田店

      〒471-0849 愛知県豊田市美山町3-34-33

      TEL:0565-41-8445

      HP:https://kei-passion.com

      営業時間:10時~18時30分

      定休日:水曜日・木曜日

      未使用車とは

      自動車の分類では「新車」「中古車」この2種類しかありません。

      軽自動車メーカーが登録だけした走行距離が100キロ以内・登録期間が数ヵ月以内の中古車の事を

      「届出済未使用車」と呼んでいます。以前は「新古車」とも呼ばれていました。

      メンテナンスをしましょう

      2024.5.12  スタッフブログ 

      皆さん、こんにちは!
      愛知県名古屋市と春日井市と豊田市にある
      軽自動車の未使用車専門店パッションです。

      ゴールデンウィークは楽しめましたか?車でお出かけした方も多いのではないでしょうか。
      いっぱい頑張ってくれた車、メンテナンスをちゃんとしてあげてくださいね。

      今回はメンテナンスについて紹介します

      メンテナンスの必要性

      車は、エンジンやタイヤなど、さまざまな部品で構成されています。これらの部品は、経年劣化や使用によって摩耗したり、汚れたりします。そのため、定期的にメンテナンスを行うことで、車の性能を維持し、安全運転を確保することが重要です。

      メンテナンスの種類

      車のメンテナンスには、大きく分けて以下の3種類があります。

      日常点検:エンジンオイルや冷却水、タイヤの空気圧などの状態を点検し、異常がないか確認します。
      定期点検:日常点検に加えて、エンジン内部やブレーキ、サスペンションなどの状態を点検し、必要に応じて整備を行います。
      車検:国の定める保安基準を満たしているかどうかを検査します。

      車のメンテナンスを怠ると、以下のような問題が発生する可能性があります。

      車の性能低下:エンジンオイルや冷却水が劣化すると、エンジンの性能が低下し、燃費が悪くなったり、故障しやすくなったりします。
      安全性の低下:タイヤの空気圧が低かったり、ブレーキが劣化していたりすると、事故を起こしやすくなります。
      修理費用の増加:定期的にメンテナンスを行わないと、小さな故障が大きな故障に発展し、修理費用が高額になる可能性があります。

      車のメンテナンスは、安全運転と経済性のためにも重要です。 定期的にメンテナンスを行い、愛車を良い状態に保ちましょう。それでは、比較的簡単にできるメンテナンスを紹介します。

      簡単にできるオススメのメンテナンス

      エンジンオイル交換

      車のエンジンオイルは、エンジンの潤滑、冷却、洗浄などの役割を果たす重要な液体です。定期的に交換しないと、エンジンの性能が低下したり、故障の原因になったりする可能性があります。

      エンジンオイルの交換時期

      エンジンオイルの交換時期は、車種や使用状況によって異なりますが、一般的には以下の通りです。
      走行距離:5,000km~15,000km使用期間:6ヶ月~1年

      オイルフィルターの交換

      オイルフィルターは、エンジンオイルをきれいに保つために重要な部品です。定期的に交換しないと、エンジンオイルが汚れやスラッジで汚れてしまい、エンジンの故障の原因となります。

      オイルフィルターの交換時期

      オイルフィルターの交換時期は、車種や使用状況によって異なりますが、一般的には以下の目安です。・エンジンオイル交換2回につき1回 ・走行距離10,000km~15,000kmごと ・6か月~1年ごと

      オイルフィルターの交換は、エンジンの寿命を延ばし、車を快適に維持するために重要な作業です。上記の情報を参考に、ぜひ定期的に交換するようにしましょう。オイルフィルターの交換は、ある程度の知識と工具が必要となります。自信がない場合は、無理せず整備工場に依頼することをおすすめします。

      冷却水の補充

      冷却水は、エンジンの熱を吸収して車外に排出することで、エンジンのオーバーヒートを防ぐ重要な役割を果たします。冷却水の量は定期的に確認し、不足している場合は補充する必要があります。

      冷却水補充の時期

      冷却水は、蒸発や劣化によって徐々に減っていきます。冷却水補充の時期は、以下の目安です。

      ・冷却水のリザーバータンクの量が減っている
      ・冷却水の色が茶色や緑色に変色している
      ・エンジンがオーバーヒートしやすい

      冷却水は、エンジンの健康を維持するために重要なものです。定期的に冷却水量を確認し、必要に応じて補充するようにしましょう。

      冷却水補充時の注意点

      冷却水補充は、比較的簡単な作業なので、自分でやることもできます。ただし、以下の場合は、整備工場に依頼することをおすすめします。

      ・車種によっては、ラジエーターキャップの場所がわかりにくい場合がある。
      ・冷却水の種類がわからない場合。
      ・エンジンルーム内の作業に自信がない場合。

      タイヤの空気圧

      タイヤの空気圧は、車の安全性能と燃費に大きく影響します。適正な空気圧を保つことで、以下のメリットがあります。
      安全性向上:適切な空気圧は、タイヤと路面の接地面積を最大化し、グリップ力と操縦安定性を向上させます。また、空気圧が低いと、バーストの危険性が高くなります。
      燃費向上:適切な空気圧は、タイヤの転がり抵抗を減らし、燃費を向上させます。
      タイヤの寿命延長:適切な空気圧は、タイヤの偏摩耗を防ぎ、寿命を延長させます。

      タイヤの空気圧の確認方法

      タイヤの空気圧は、タイヤゲージを使用して確認します。タイヤゲージは、ガソリンスタンドに置いてあることが多いので、無料で利用することができます。

      車輌指定空気圧

      車両指定空気圧は、車種ごとに異なります。車両指定空気圧は、以下の場所で見つけることができます。
      ・運転席ドアの内側・給油口のフタの裏側・取扱説明書

      タイヤの空気圧の点検時期

      タイヤの空気圧は、少なくとも1ヶ月に1回点検する必要があります。また、長距離ドライブに出かける前には必ず点検することをおすすめします。

      ワイパーゴム交換

      ワイパーゴムは、経年劣化により硬くなったり、ひび割れたりして、拭き取り能力が低下します。そうなると、雨天時の視界が悪くなり、安全運転の妨げになります。そのため、定期的にワイパーゴムを交換することが重要です。

      ワイパーゴムの交換時期

      半年~1年:一般的には、半年~1年を目安に交換するのがおすすめです。
      以下のような症状が出たら、早めに交換しましょう
      ・拭きスジや拭き残しが目立つ
      ・ワイパーゴムが硬くなっている
      ・ワイパーゴムにひび割れがある
      ・ワイパーゴムが波打っている

      ワイパーゴムの種類

      ワイパーゴムには、さまざまな種類があります。車種や使用状況に合ったものを選びましょう。
      天然ゴム:安価ですが、耐久性が低めです。
      合成ゴム:天然ゴムよりも耐久性が高く、静粛性に優れています。
      シリコーンゴム:撥水効果があり、雨天時の視界を確保しやすくなります。
      フラットワイパー:従来のワイパーよりも、風切り音が少なく、視界が広くなります。

      ワイパーゴムは、車の安全運転のために重要な部品です。 定期的に交換し、常に良好な状態を保ちましょう。

      ウォッシャー液の補充・交換

      ウォッシャー液は、フロントガラスやリアガラスの汚れを落とすために使用する液体です。定期的に補充・交換しないと、汚れが落ちにくくなり、視界が悪くなる可能性があります。そのため、ウォッシャー液を定期的に補充・交換することが重要です。

      ウォッシャー液の交換時期

      ウォッシャー液の補充・交換時期は、地域や使用状況にもよりますが、夏は2~3ヶ月に1回、冬は2ヶ月に1回が目安です。

      ウォッシャー液の種類

      ノーマルタイプ:最も安価なタイプです。汚れを落とす効果はありますが、凍結防止効果はありません。
      凍結防止タイプ:冬場に使用するタイプです。凍結防止剤が入っているので、冬でも安心して使用できます。
      撥水タイプ:雨天時に視界を確保しやすくなるタイプです。撥水剤が入っているので、雨滴が水玉状になり、ワイパーで簡単に拭き取ることができます。

      タイヤローテーション

      タイヤローテーションは、車のタイヤの装着位置を入れ替えることで、タイヤの摩耗を均一にし、寿命を延ばすためのメンテナンスです。タイヤは走行によって偏摩耗しやすいため、定期的にローテーションを行うことで、以下のメリットがあります。
      タイヤの寿命を延ばす:偏摩耗を防ぐことで、タイヤ全体をまんべんなく摩耗させ、寿命を延ばすことができます。
      燃費向上:タイヤの摩耗が均一になると、タイヤの抵抗が減り、燃費向上につながります。
      ハンドリング性能の向上:タイヤの摩耗が均一になると、ハンドリング性能が向上し、より安全に運転することができます。
      パンクのリスクを低減:偏摩耗が進むと、タイヤがパンクしやすくなります。ローテーションを行うことで、パンクのリスクを低減することができます。

      タイヤローテーションの時期

      5,000km~10,000km:一般的には、5,000km~10,000kmごとにローテーションを行うのがおすすめです。
      新品タイヤを装着した場合は、500km~1,000km後にローテーションを行う:新品タイヤは摩耗しやすいため、早めにローテーションを行うことで、摩耗を均一にすることができます。
      長距離ドライブに出かける前には必ずローテーションを行う:長距離ドライブではタイヤが大きく摩耗するため、事前にローテーションを行うことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

      タイヤローテーションは、車の安全運転と経済性のためにも重要なメンテナンスです。 定期的にローテーションを行い、愛車を良い状態に保ちましょう。

      バッテリー点検

      車のバッテリーは、エンジン始動や電気系統の部品に電力を供給する重要な部品です。バッテリーが弱っていると、エンジン始動が困難になったり、電気系統の部品が正常に動作しなくなったりすることがあります。バッテリーの寿命は、車種や使用状況によって異なりますが、一般的には3年~5年程度です。バッテリーが弱ってくる前に、定期的に点検を行うことが重要です。

      バッテリーの点検方法

      目視点検

       バッテリーの外観に異常がないか確認します。
       バッテリーケースにひび割れや膨らみがないか確認します。 
       バッテリー端子に汚れやサビがないか確認します。

      電圧チェック

       バッテリーテスターを使って、バッテリー電圧を測定します。
       一般的に、バッテリー電圧が12.5V以下になると、弱っていると判断されます。

      負荷テスト

       バッテリーチャージャーを使って、バッテリーに負荷をかけ、電圧降下を測定します。
       電圧降下が大きい場合は、バッテリーが弱っている可能性があります。

      バッテリーの交換時期

      バッテリー点検は、以下のタイミングで行うことをおすすめします。
      ・エンジン始動が困難になった場合
      ・電気系統の部品が正常に動作しない場合
      ・バッテリーの外観に異常がある場合
      ・車を使用しない期間が長い場合

      車のバッテリーは、安全運転のために重要です。定期的に点検を行い、弱っている場合は交換するようにしましょう。

      いかがでしたでしょうか。いくつかメンテナンスを紹介させて頂きますた。

      上記のメンテナンスは知識と気合があれば自分でもできますが、やっぱり不安ですよね。

      そんなときは車のプロに頼むのが一番です。パッションなら上記のメンテナンスはもちろん、定期点検も車検もぜーんぶお任せください。

      パッションは自社工場を完備で、国家資格保有のスタッフが常駐しておりますのご安心ください。

      お車で分からない事はなんでも聞いてくださいね。

      軽未使用車パッション 春日井店

      〒486-0968 愛知県春日井市味美町2-124-1

      TEL:0568-34-8486

      軽未使用車パッション 南大高店

      〒459-8013 愛知県名古屋市緑区高根山2-202

      TEL:052-622-8486

      軽自動車パッション 豊田店

      〒471-0849 愛知県豊田市美山町3-34-33

      TEL:0565-41-8445

      HP:https://kei-passion.com

      営業時間:10時~18時30分

      定休日:水曜日・木曜日

      未使用車とは

      自動車の分類では「新車」「中古車」この2種類しかありません。

      軽自動車メーカーが登録だけした走行距離が100キロ以内・登録期間が数ヵ月以内の中古車の事を

      「届出済未使用車」と呼んでいます。以前は「新古車」とも呼ばれていました。

      軽自動車 安全装備を徹底解説!

      2024.4.27  スタッフブログ 

      皆さん、こんにちは!

      愛知県名古屋市と春日井市と豊田市にある

       軽自動車の未使用車専門店パッションです

      軽自動車の購入にあたって、「軽自動車の安全性は低いのではないか」「普通自動車よりも軽い分、事故で不利になるのでは」と不安を感じている方もいるのではないでしょうか。軽自動車は価格が安く、車体が小さいため安全性が低いと考えがちですが、実際はそうとは限りません。軽自動車の衝突安全性や予防安全性は、年々向上しています。

      前回のブログは軽自動車 カスタムモデルのおすすめ5選を紹介しました。

      前回のブログはコチラ

      今回はそんなカスタムモデルを含めた軽自動車の安全装備についてご紹介します!

      軽自動車の安全装備は実際どうなの?


      事故で軽自動車がぺちゃんこに潰れてしまった様子を見たことがある方もいるのではないでしょうか?これを見ると「軽自動車の安全性は低いのでは?」「買わないほうがいい?」と不安を感じるかもしれません。

      しかし、軽自動車の安全装備は決して低いわけではありません。大前提として、軽自動車を販売するにあたり、国の定めた安全基準を満たす必要があります。この基準は普通自動車と同じ内容です。

      また、近年の車両は事故の際に車両を潰すことにより衝撃を吸収してくれるという仕組みになっています。万が一の場合でも運転者はもちろんのこと、相手方も守り被害を最小限になるよう設計されています。
      ただし、全ての車に全ての装備されているわけではないため、安全性を重視して車選びをする場合は安全装置が充実しているかを確認することが必要です。


      安全装備の種類

      衝突被害軽減ブレーキ

      衝突被害軽減ブレーキとは、自動車が障害物を感知して、衝突の可能性がある場合、運転者へ警告音を発したり、衝突の可能性が高い場合、ブレーキの補助操作を行い、減速して衝突被害を軽減したりするシステムです。あくまでも被害を軽減するための装置なので、必ずしも回避できる保証はありません。

      ※こんな経験ありませんか?

      バックミラーでちょっと目を離したら前の車が減速してドキッ!

      誤発進抑制機能

      アクセルペダルの踏み間違いによる急発進を抑制するシステムです。 停車時、レーザーセンサーが前方に障害物を検知した状態で、アクセルが一定以上踏み込まれた場合に作動します。 警報音とメーター表示によってドライバーへの注意を促すと同時に、エンジン出力を自動で抑えて急発進を抑制します。

      ※こんな経験ありませんか?

      コンビニで駐車する時、アクセルとブレーキを踏み間違えそうになった!

      車線逸脱警報・抑制制御機能

      ドライバーが意図せずに走行車線を逸脱しそうな場合、警告音やハンドル、シートなどの振動、そしてディスプレイでドライバーに注意喚起を行う機能です。また、車線逸脱警報によって注意喚起をしてもドライバーが修正を行わない場合に、車線内に戻す方向にステアリング操作をし、クルマを車線内に戻す操作をドライバーに促します。

      ※こんな経験ありませんか?

      長距離運転だと集中力が途切れて、車線をはみ出しそうになることがある。

      ふらつき警報機能

      ふらつき警報は、眠気などで車が蛇行する等の走行中ハンドル操作から運転者の注意力が低下していると判断した時に、ディスプレイの表示と音により、運転者に休憩を促す機能です。

      ※こんな経験ありませんか?

      長時間運転していると、疲労で無意識のうちにフラフラすることがあって怖いんだ。

      BSM(ブラインドスポットモニター)

      ブラインドスポットモニターは後方を走る車を確認するための機能です。車の事故を減らすための予防安全機能の1つであり、車の死角を補うことができます。センサーによって周囲の車両を検知して、ドライバーに伝えてくれるものです。

      ブラインドスポットモニターを導入することで、運転中の安全確認のサポートを受けられます。後方にある車両を検知することで、事故を防ぐ確率を高めます。

      ※こんな経験ありませんか?

      高速道路で車線変更のたび、後ろが見えにくくてドキドキする…。

      ACC(アダクティブクルーズコントロール)

      アダクティブクルーズコントロールは、クルマに搭載した専用のセンサーとコンピューターを用いたシステムが、アクセル操作とブレーキ操作の両方を自動的に行ない、運転を支援する機能です。前走車がいる場合、センサーがそれを検知し車間距離を一定に保ちながら走る追従走行が可能です。また、前走車がいない場合は、ドライバーが任意に設定した速度を維持して走ります。メリットとして①安全な車間距離制御による追突抑制。②アクセルやブレーキ操作の自動化によるドライバーの疲労軽減(とくに低速渋滞時)。③加減速の適正化による車間距離のばらつき抑制とそれによる渋滞緩和。

      ※こんな経験ありませんか?

      長距離ドライブ中、アクセルとブレーキを繰り返して疲れるなぁ。

      全方位カメラ

      車を上から見下ろしたような映像を表示することでドライバーが障害物との距離感を掴みやすくなり、通常は死角になる部分を確認することができるようになるシステムです。 グレードによって標準で装備されている場合や、メーカーオプションとして設定することが可能です。

      ※こんな経験ありませんか?

      狭い路地から出る時、左右が見えにくくて不安…。

      その他機能

      ・先行車発進お知らせ機能

      停車時にシステムが先行車の発進を検知。 ドライバーがアクセルを踏まなかった場合、音とディスプレイ表示で先行車の発進をお知らせします。

      ※こんな経験ありませんか?

      前の車が進んだのに気づかなくて、後ろからクラクションを鳴らされちゃった。

      ・オートハイビーム

      夜間など暗い道をロービームで走行中、システムが前方の状況を検知。街灯などがなくて暗い場合、見やすいように自動でハイビームに。先行車や対向車を検知すると、ロービームに切り替えます。

      ※こんな経験ありませんか?

      夜道をロービームで走っていたら、突然歩行者に気づいてびっくり!

      ・標識認識機能

      標識認識機能は走行中に認識した道路標識情報をメーター内へ表示することでドライバーへ注意を促す機能です。 カメラが道路標識を認識し適切なタイミングで、「最高速度」 「はみ出し通行禁止」「一時停止」「車両進入禁止」の標識情報を知らせます。

      ※こんな経験ありませんか?

      歩行者に気をとられて、進入禁止の標識に気づかずに逆走するところだった!

      各メーカーの安全装備

      ダイハツ(スマートアシスト)

      スマートアシストとはダイハツの予防安全機能の総称。車両に搭載した「ステレオカメラ」が周囲の状況を認識して、ドライバーの運転をサポート。ドライブをもっと安全安心に、もっと快適に。スマートアシストは現在販売中の車種の多くに搭載されています。

      スマートアシストには大きく4つの機能があります。

      ①衝突回避支援機能 ②認識支援機能 ③運転負荷軽減機能 ④駐車支援機能

      ・衝突警報機能 対車両・対歩行者動作速度120km/h(対車両)・60km/h(対歩行者)まで
      ・被害軽減・衝突回避緊急ブレーキ 対車両のみ動作速度60km/hまで
      ・被害軽減ブレーキアシスト 対車両・対歩行者動作速度120km/h(対車両)・60km/h(対歩行者)
      ・誤発進抑制機能 前方・後方(ブレーキ制御機能付き)動作速度10km/hまで
      ・車線逸脱抑制制御機能 動作速度60km/h以上
      ・車線逸脱警報機能 動作速度60km/hまで先行車発進お知らせ機能 先行車が発進したときに警報音とディスプレイ表示で通知
      ・路側逸脱警報機能 動作速度60km/h以上
      ・ふらつき機能 動作速度60km/h以上
      ・オートハイビーム 動作速度30km/h以上

      スズキ(セーフティサポート)

      スズキの安全技術、それは、乗る人の毎日を想い、小さなクルマで大きな安心を届ける技術。
      前方・後方の視界をしっかり確保するための大きな窓や視認性の高いディスプレイ、
      操作しやすいスイッチ類など、誰もが安心して乗れる運転のしやすさを考えた基本安全。
      ヒヤリとする一瞬までも最小限に抑え、事故そのものを未然に防ぐ予防安全技術。

      ・デュアルカメラブレーキサポート 対車両・対歩行者 動作速度5km/h100km/h
      ・誤発進抑制機能 前方・後方 動作速度10km/h以下での徐行時最長約5秒間、検知範囲は前方約4m・後方約3m以内
      ・車線逸脱警報機能 動作速度60km/h以上
      ・ハイビームアシスト 動作速度 夜間30km/h以上

      ホンダ(ホンダセンシング)

      ホンダセンシングは、単眼カメラとミリ波レーダーを使い、常に安全・快適な運転をサポートするホンダが独自開発した機能です。最新のシステムによって一定のコントロールを受けられるため、運転初心者の方でも安心感をもって車に乗ることができます。ぶつからない・飛び出さない・はみ出さないといった運転制御の機能だけでなく、歩行者への配慮や良好な視界確保のためのシステムが設けられていることも特徴的です。

      ・衝突軽減ブレーキ 対車両・対歩行者 動作速度約5km/h以上
      ・先行車発進お知らせ機能 車間距離約10m以内
      ・歩行者事故低減ステアリング 動作速度10km/h40km/h
      ・路外逸脱抑制機能 動作速度60km/h以上
      ・標識認識機能 一時停止・進入禁止は60km/h以下
      ・アダクティブクルーズコントロール 動作速度30km/h以上
      ・誤発進抑制機能 前方・後方 動作速度 停車時・10km/h以下
      ・オートハイビーム 動作速度30km/h以上

      日産(360°セーフティアシスト)

      海外では既にパッケージ化されたセーフティシールド360として新型ムラーノや新型ローグスポーツなどに搭載。日本では201981日より発売される新型セレナから360° セーフティアシスト搭載。360°セーフティアシストは、7種類の先進運転支援システムで構成される。「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」「踏み間違い衝突防止アシスト」「アダプティブハイビームアシスト/ハイビームア」「後退時車両検知警報 RCTA」「インテリジェントLI /LDW(車線逸脱警報)」「RCTA 後退時車両検知警報」「標識検知機能」を採用。

      ・インテリジェントエマージェンシーブレーキ 動作速度5km/h~100km/h 歩行者10km/h~60km/h
      ・インテリジェントLI/LOW 動作速度60km/h以上
      ・誤発進抑制機能 車両・歩行者 0~25km/h 障害物0~15km/h
      ・ハイビームアシスト 夜間25km/h以上
      ・プロパイロット 動作速度0~100km/h 車間距離維持・ステアリングサポート

      ※注意事項

      運転支援を目的としていますのでこれらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。対象物、天候状況、道路状況などの条件によっては、正常に作動しない場合や衝突を回避または被害を軽減できないことがあります。その他にもご注意いただきたい項目がありますので、必ず取扱説明書をお読みください。

      各メーカーオススメ車種

      ダイハツ タフト

      20206月に登場したタフトは、ダイハツの予防安全機能「スマートアシスト」を全車に標準装備しています。

      タフトに搭載される「スマートアシスト」は約3年半ぶりにステレオカメラを一新し、イメージセンサーの変更やカメラ認識処理変更によって検知性能や撮像性能を向上させることで夜間歩行者の検知にも対応するように進化しました。さらに多数の予防安全技術や運転支援技術を採用し、より安全性や利便性を高めています。

      スズキ ハスラー

      20201月に登場した現行型のハスラーでは、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」を全車に標準装備しています。

      また、ピラーの位置やドアミラーの位置、さらにピラー断面やピラートリムを最適化することによって運転しやすいように視認性を向上させているほか、さまざまな体格の方が快適に運転できるように配慮したシートや運転席シートリフター、ステアリングホイールの高さや角度を調節できるチルトステアリングなどを標準装備。ドライバーの体格に合わせたベストなドライビングポジションが確保しやすく、疲労を低減してくれます。

      エアバッグは運転席・助手席のエアバッグのほかにフロントシートサイドエアバッグとカーテンエアバッグを全車に標準装備し、衝突安全性にもしっかりと配慮されているといえるでしょう。

      ホンダ N-BOX

      N BOXは、元々安全性の高い軽自動車として定評のあるモデルです。202310月に登場した現行型においてもホンダの安全運転支援システム「Honda SENSING」を標準装備し、全車が「サポカーSワイド」に相当する安全性を有しています。

      なお、現行型に搭載された「Honda SENSING」は、広い水平画角のフロントワイドビューカメラと前後8つのソナーセンサーを用いたシステムを採用し、側方に対する検知能力を高めました。また、新機能を追加し、より幅広いシーンでの安全運転をサポートします。

      日産 デイズ

      衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い時急発進抑制装置などの先進安全技術を全グレードに標準装備しているほか、運転席・助手席のエアバッグに加えてサイドエアバッグやカーテンエアバッグも全車に採用しており、高い安全性能を持つモデルだといえるでしょう。
      さらに2020年8月の一部改良時には、新たな先進安全技術を搭載するとともにミリ波レーダーを採用して「プロパイロット」の精度を高めるなど、さらに安全性能を向上させている点も評価できるポイントです。

      いかがでしたでしょうか。現代の軽自動車は安全かつ安心してご利用いただけます。
      ただ機能を頼りすぎず余裕を持った運転を心がけてください。

      今回紹介したお車は全てパッションで購入が可能です。

       

      パッションではスズキ・ダイハツ・ニッサン・ホンダ・スバル・トヨタ・三菱・マツダ

       

      国内オールメーカー取り扱いしており、グループ在庫1,500台の中からお客様にピッタリな一台をご提案させていただいております。

       

      未使用車だけではなく新車の取り扱いもしておりますので

       

      お車探しはパッションにお任せください!

       

      軽未使用車パッション 春日井店

       

      486-0968 愛知県春日井市味美町2-124-1

       

      TEL0568-34-8486

       

      軽未使用車パッション 南大高店

       

      459-8013 愛知県名古屋市緑区高根山2-202

       

      TEL052-622-8486

       

      軽自動車パッション 豊田店

       

      471-0849 愛知県豊田市美山町3-34-33

       

      TEL0565-41-8445

       

      HPhttps://kei-passion.com

       

      営業時間:10時~1830

       

      定休日:水曜日・木曜日

       

      未使用車とは

       

      自動車の分類では「新車」「中古車」この2種類しかありません。

       

      軽自動車メーカーが登録だけした走行距離が100キロ以内・登録期間が数ヵ月以内の中古車の事を

       

      「届出済未使用車」と呼んでいます。以前は「新古車」とも呼ばれていました。